ペドロサのサムライ兜がヘレスに登場。MotoGPスペインGPでペドロサコーナーのセレモニー開催

5月7日(火)21時10分 AUTOSPORT web

 ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで行われた第4戦スペインGPの初日となる5月3日にペドロサコーナーのセレモニーイベントが行われ、記念のモニュメントが設置された。


 ヘレス・サーキットは、4月10日にドライ・サックの愛称で親しまれていた6コーナーの名称をペドロサ・コーナーとすることを発表。ヘレスでライダーの名前がコーナー名として冠されるのは、5コーナーのシト・ポンス、8コーナーのホルヘ・マルチネス、9コーナーのアンヘル・ニエト、11コーナーのアレックス・クリビエ、13コーナーのホルヘ・ロレンソに続き、ペドロサが6人目となる。


 コーナー名が冠されるペドロサは、2001年にグランプリデビューを飾り、2003年に125ccクラスでチャンピオンを獲得。2004年には250ccクラスにステップアップし、初年度と2005年と2年連続でチャンピオンに輝いた。


 2006年からはホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダ・チームから最高峰のMotoGPクラスへ。ヘレス・サーキットでは2008年、2013年、2017年と3度の勝利を挙げている。そして、2018年をもって現役を引退し、MotoGP29人目の殿堂入りを果たした。現在はKTMのテストライダーを務めている。

セレモニーの様子
セレモニーの様子


 ペドロサはKTMのチームシャツを着てセレモニーに登場。モニュメントはペドロサがレースに挑む思想のベースとなっていた侍の兜が上部に飾られた。


 セレモニーでペドロサは「とても特別だ」と次のようにコメント。


「僕がグランプリでヘレスサーキットに来た最初の日から、すでに何人かのスペイン人ライダーの名前がこのトラックにあることを知っていた。ニエト、アスパー(ホルヘ・マルチネス)、クリビエ、ポンズらの名前とともに加わることが信じられない。ヘレスは僕にとって特別なサーキットだし、チャンピオンシップでも特別だった」


「ヘレスはファンが一番近く、観客全員を感じることができる。僕はサーキットがとても好きだし、ここで速いから、とても嬉しく思う。サーキットに感謝したい」


AUTOSPORT web

「スペインGP」をもっと詳しく

「スペインGP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ