2018スーパーGT第3戦鈴鹿 5月18日搬入日の様子

5月18日(金)20時2分 AUTOSPORT web

 いよいよ5月19〜20日、鈴鹿サーキットで開催されるスーパーGT第3戦。今季から300kmというレース距離、そして5月開催となる鈴鹿でのスーパーGTだが、予選日を前にした5月18日、鈴鹿サーキットでは搬入作業が行われた。


 これまで1000kmで争われていた鈴鹿でのスーパーGT。今季から夏のレースが鈴鹿10時間となり、スーパーGTの一戦ではなくなったことから、今季からスーパーGTは5月に第3戦として鈴鹿でレースを戦う。


 準備が進められた18日は曇天。翌19日は午前中に雨の予報も出ているが、これがどの程度路面を濡らすことになるのか、また公式練習をドライで走れる時間が出てくるのかが気になるところだ。ピットから搬入日の鈴鹿の様子を写真でお届けしよう。

スーパーGT第3戦鈴鹿の設営日のピットレーン


ZENT CERUMO LC500

MOTUL AUTECH GT-Rのリヤウイング翼端板には、新たに忍者のキャラが。反対側は赤福氷のキャラだ。

Hitotsuyama Audi R8 LMSには新たなロゴが

EXE AMG GT3

埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC

LEON CVSTOS AMG

CARGUY ADA NSX GT3

MOTUL AUTECH GT-RとCRAFTSPORTS MOTUL GT-Rのピット

シンティアム・アップル・ロータス

TOYOTA PRIUS apr GT

D’station Porsche

SUBARU BRZ R&D SPORT

AUTOSPORT web

「スーパー」をもっと詳しく

「スーパー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ