マンU残留かインテル移籍か…FWルカク、注目の去就は「クラブ次第だ」

6月12日(水)19時9分 サッカーキング

マンチェスター・Uのルカクが自身の去就について語った [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、自身の去就について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に伝えている。

 現在26歳のルカクは、2017年夏にエヴァートンからマンチェスター・Uに移籍した。今シーズンはリーグ戦32試合に出場し、12得点を記録。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのパリ・サンジェルマン戦では2ゴールをマークし、逆転突破に大きく貢献した。しかし、シーズン終盤はイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの後塵を拝していた。

 インテルの監督に就任したアントニオ・コンテ氏がルカクの獲得に興味を示していると報じられており、ルカク本人も「セリエAでプレーすることは夢」と明かしたことで、同選手にインテル移籍の可能性が浮上していた。

 去就に注目が集まるルカクは、「来シーズンもマンチェスター・Uでプレーを続けるか?」と問われると、以下のようにコメントした。

「クラブ次第だ。クラブは声明を出す必要がある。僕は噂を楽しませるためにここにいる訳ではない。僕はただ自分のサッカーをするだけだ」

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ