ピケ、C・ロナウドは「倒れるのが上手い」…自身最後のW杯に意気込みも

6月16日(土)15時49分 サッカーキング

C・ロナウド(右)に言及したピケ(左) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 スペイン代表DFジェラール・ピケが、15日に行われた2018 FIFA ワールドカップ ロシア(W杯)グループステージ第1戦のポルトガル代表戦を振り返った。15日付のスペイン紙『マルカ』が同選手のコメントを伝えている。

「僕たちの方が多くのチャンスを作っていた。彼らは3点を奪ったが、枠内シュートは3本のみしか記録していない」と、3−3のドローに終わった試合に悔しさを滲ませたピケは、ハットトリックを記録したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのプレーについて、以下のように言及した。

「気づいたらPKが与えられていて先制されていた。ポルトガル代表にとっては良い試合の入り方だっただろう。C・ロナウドはうまく倒れることが多い。彼はファウルをもらうのがとても上手だ」

 また、ピケは今大会が自身にとって最後のW杯になることを明言している。ピケはそのことについても以下のように話している。

「言ったことを変えるつもりはない。今後も100パーセントの力を出して戦うつもりだ。もちろん、大会中に何が起こるかは誰にも分からない。ただ、僕は発言に責任を持って戦いたいと思っている」

サッカーキング

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ