キエーザが2発!…開催国イタリア、逆転勝利でスペインとの優勝候補対決を制す

6月17日(月)5時58分 サッカーキング

イタリアがキエーザの2得点などで初戦を制して白星スタート [写真]=Getty Images

写真を拡大

 UEFA U−21欧州選手権2019のグループステージ第1節が16日に行われ、U−21イタリア代表とU−21スペイン代表が対戦した。

 前回ベスト4の開催国イタリアと、前回準優勝のスペインによる優勝候補対決。イタリアは、A代表でも活躍するモイーズ・キーン、フェデリコ・キエーザ、ニコロ・ザニオーロら豪華メンバーがスタメン入り。スペインは、前回大会の最優秀選手に輝いたダニ・セバージョスとヘスス・バジェホのレアル・マドリード所属コンビやバレンシアのカルロス・ソレールらが先発メンバーに名を連ねた。

 試合は9分、セバージョスがペナルティエリア手前で右足を振り抜き、豪快なシュートをゴール右上隅に突き刺して、スペインが先制。だがイタリアも36分、キエーザがエリア左へ切り込み、角度のないところから体勢を崩しながらも左足を振り抜くと、シュートはそのままゴールネットを揺らして同点に追いついた。

 後半に入ってイタリアは50分、キエーザがエリア左に持ち上がって右足シュート。スペインも55分にソレールがエリア手前から強烈な右足シュートを放ったが、どちらも得点には結びつかない。

 再びスコアが動いたのは64分、リッカルド・オルソリーニの浮き球パスを中央のパトリック・クトローネが体を張って受けると混戦になり、こぼれ球をキエーザが押し込んで、イタリアが逆転に成功した。

さらに80分、ロレンツォ・ペッレグリーニがエリア内で倒されて、ビデオ判定の結果、イタリアにPKが与えられる。自らキッカーを務めたペジェグリーニが中央に蹴り込み、リードを2点に広げた。試合はこのまま終了し、イタリアが逆転勝利で優勝候補対決を制し、白星スタートを切った。

 次節は19日に行われ、イタリアはポーランドと、スペインはベルギーと対戦する。

【スコア】
U−21イタリア代表 3−1 U−21スペイン代表

【得点者】
0−1 9分 ダニ・セバージョス(スペイン)
1−1 36分 フェデリコ・キエーザ(イタリア)
2−1 64分 フェデリコ・キエーザ(イタリア)
3−1 82分 ロレンツォ・ペッレグリーニ(PK)(イタリア)

【スターティングメンバー】
イタリア(4−3−3)
メレト;カラブレージ、マンチーニ、ボニファーツィ(88分 バストーニ)、ディマルコ;バレッラ、マンドラゴラ、ペッレグリーニ;ザニオーロ(42分 オルソリーニ)、キーン(60分 クトローネ)、キエーザ

スペイン(4−1−4−1)
U・シモン;マルティン、J・バジェホ、J・メレ、アーロン;スベルディア(67分 フォルナルス);ソレール、セバージョス、ファビアン・ルイス(46分 メリーノ)、オヤルサバル(85分 ラファ・ミア);マジョラル

サッカーキング

「イタリア」をもっと詳しく

「イタリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ