アルボン、トラブルで入賞圏外へ「ピットストップできなくなり、苦しいレースに」トロロッソ・ホンダ F1イギリスGP

7月15日(月)11時15分 AUTOSPORT web

 2019年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは12位だった。


 52周のレースを、アルボンは9番グリッドからソフトタイヤでスタート、13周目にミディアムに交換して1回ストップで走った。


 アルボンが最初のタイヤ交換を済ませた後、パワーユニットの高圧電力系に問題が発生したことが分かり、ホンダはチームに対し、安全面を考慮して2度目のピットストップを行わないよう伝えたという。アルボンはタイヤを労わりながらトップ10内を走行し続けたが、終盤、立て続けにオーバーテイクされ、ポイント圏外に落ちた。ホンダはこの問題について慎重に分析すると述べている。


 トロロッソのテクニカルディレクター、ジョディ・エギントンは、「マシンの問題の影響でピットストップ戦略が制限されるなか、アレックスは素晴らしい走りをした」と一日を振り返った。

「彼は非常にうまくプライムタイヤを持たせたが、残り2周の時点でタイヤが終わってしまい、(ニコ・)ヒュルケンベルグを抑えきることができなかった」

2019年F1第10戦イギリスGP日曜 アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)は決勝12位フィニッシュだった
2019年F1第10戦イギリスGP日曜 アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)は決勝12位フィニッシュだった


■レッドブル・トロロッソ・ホンダ

アレクサンダー・アルボン 決勝=12位

 タイヤを労わって走らなければならず、楽なレースではなかった。


 セーフティカーが出動したことが運よくアドバンテージになったドライバーもいたが、そうでないドライバーもいた。僕のマシンには問題があり、ピットインすることも、マシンに触れることもできなかった。そのために、周囲のドライバーが次々とピットに入るなかで、僕らはステイアウトするしかなかった。


 悔しいレースだったが、時にはこういうこともある。


AUTOSPORT web

「ホンダ」をもっと詳しく

「ホンダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ