ホンダ田辺TD、2台Q1敗退に落胆「天候を言い訳にはできない。早急にパッケージ全体の改善を図る必要がある」:F1ドイツGP土曜

7月22日(日)7時31分 AUTOSPORT web

 2018年F1ドイツGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは17番手、ブレンドン・ハートレーは18番手だった。


 FP3は開始前からの雨のためにウエットコンディションとなり、2台はセッション序盤に1周、終盤に5周したのみだった。


 ドライコンディションとなった予選Q1、ガスリーは早々に1回目のアタックを行い、1分14秒420をマーク、ハートレーが1分14秒670で1回目のランを終えた。Q1終盤の2回目のランではガスリーが1分13秒749、ハートレーが1分14秒045と自己ベストタイムを更新したものの、ともにQ2に進出することはできなかった。


 レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドがパワーユニットのエレメント交換により降格されるため、ガスリーは16番グリッド、ハートレーは17番グリッドからスタートする予定。


■レッドブル・トロロッソ・ホンダ

ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治

 今日の午前のプラクティスはウエットコンディションとなり、有意義な作業があまりできませんでした。明日の決勝はドライになるものと予想されているからです。また、予選に向けた準備においても、状況を想定することが難しくなってしまいました。ただ、それはどのチームにとっても同じですし、言い訳にはなりません。

             

 予選結果は非常に残念なものですし、この状況を立て直すためにチームとともに早急に分析を行い、パッケージ全体の改善に向けて全員で懸命に努力する必要があります。


AUTOSPORT web

「ホンダ」をもっと詳しく

「ホンダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ