名古屋、DF宮地が松本へ完全移籍「サッカー人として決断しました」

8月13日(日)12時6分 サッカーキング

宮地元貴が松本山雅FCへ移籍した

写真を拡大

 名古屋グランパスは13日、DF宮地元貴が松本山雅FCへ完全移籍することを発表した。

 宮地は1994年4月17日生まれの23歳。東京ヴェルディユース出身で慶應義塾大学に進学し、その後名古屋グランパスへ加入した。公式戦における出場は天皇杯の1試合のみにとどまっている。

 宮地は移籍にあたり、クラブ公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「名古屋グランパスに関わる全ての皆様。特別指定選手に承認して頂いてから約1年間、本当にお世話になりました。この度、松本山雅FCへ完全移籍することになりました。突然のご報告となり、大変申し訳ございません。私自身、試合やプレーで思うような結果が出せなかったこと、こうした形でクラブを去ることが本当に悔しく、情けないです。全ては僕の実力不足です。クラブがJ1復帰を目指す中、断腸の思いですが、サッカー人として決断しました」

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

名古屋をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ