ローマがロヴレンと個人合意か…買取義務付きのレンタル移籍に?

8月16日(金)12時6分 サッカーキング

今夏のリヴァプール退団が噂されるロヴレン [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ローマがリヴァプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンの獲得に近づいているようだ。15日、イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』が報じた。

 現在30歳のロヴレンは、2014年夏にサウサンプトンから加入。加入当初はリヴァプールのセンターバックで中心的な役割を果たしていたが、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの加入やケガが影響して近年は出場機会が減少している。昨シーズンは公式戦出場を18試合に留めており、今季の公式戦3試合でもベンチ入りが1回、出場はない。

 ロヴレンはキャリアの終わりが近づく前に、出場機会が保証されているクラブでもう一花咲かせたいと考えているとされており、ローマ移籍に前向きな模様。同クラブと契約面などにおいて個人合意に至ったようだ。

 また、クラブ間交渉がまとまるのも時間の問題と見られており、ローマはリヴァプールに1年レンタルをオファーしている模様だ。契約にはロヴレンが一定数以上の試合に出場した場合、ローマに2500万ユーロ(約29億円)での買取義務が生じる条項が盛り込まれるようだ。

サッカーキング

「ローマ」をもっと詳しく

「ローマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ