“潰し屋”キャタモールがオランダ移籍…10年在籍したサンダーランドに別れ

8月23日(金)13時16分 サッカーキング

VVVフェンロへの移籍が決まったキャタモール [写真]=Getty Images

写真を拡大

 VVVフェンロは22日、サンダーランドを退団しフリーとなっていたイングランド人MFリー・キャタモールを獲得したと発表した。

 キャタモールはVVVフェンロの公式サイト上で「適切なタイミングでの移籍だった。僕にとって新しいチャンスだ。ですから、イギリスで何シーズンも過ごした後、オランダでVVVフェンロのような、美しいエールディビジのクラブでプレーすることができてとても嬉しいよ。僕の経験でこの若いチームの発展に貢献できる。VVVで前進したい」と喜びを表わしている。

 31歳のキャタモールはミドルスブラの下部組織で、2006年1月に17歳でトップチームデビューを飾った。その後ウィガンを経て2009年にサンダーランドへ完全移籍。その後数シーズン主将を務めるなどプレミアリーグ屈指の潰し屋として活躍したが、クラブは2016ー17シーズン、17ー18シーズンと2年連続の降格を喫し、昨シーズンはEFLリーグ1(3部相当)でプレー。チャンピオンシップ(2部相当)への昇格を逃したタイミングで10年在籍したクラブを離れる決断を下していた。

サッカーキング

「オランダ」をもっと詳しく

「オランダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ