相手のミスを見逃さなかった田中脩史の一撃が決勝点、アルビ新潟Sが6連勝

9月17日(日)5時17分 サッカーキング

決勝点をあげたアルビレックス新潟シンガポールの田中脩史(5番)

写真を拡大

 16日、シンガポールリーグ第19節が行われ、アルビレックス新潟シンガポールはブルネイDPMMと対戦。アルビレックス新潟シンガポールはゴール前に人数をかけて守備を固めるブルネイDPMMに苦しめられたが、26分に田中脩史が決めゴールが決勝点となり勝ち点3を積み上げた。

 26分、アルビレックス新潟シンガポールはゴール正面やや左の位置でFKを得る。長崎健人が狙ったキックは、相手GKが一度はキャッチしたものの、まさかのファンブル。こぼれ球を見逃さなかった田中が押し込み、先制点を奪った。

 後半、ブルネイDPMMに押し込まれる時間帯を無失点で乗り切り、4試合連続の完封。6連勝で首位をキープしている。

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 1−0 ブルネイDPMM

1−0 26分 田中脩史(アルビレックス新潟シンガポール)

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

新潟をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ