岡崎慎司は6戦連続フル出場…ウエスカ、土壇場の同点弾で劇的ドロー

10月14日(月)3時10分 サッカーキング

ウエスカに所属する岡崎慎司(写真は9月28日のジローナ戦)[写真]=ムツ カワモリ

写真を拡大

 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第11節が13日に行われ、FW岡崎慎司が所属するウエスカとラシン・サンタンデールが対戦した。岡崎は6試合連続でフル出場した。

 ウエスカは20分、セルヒオ・ゴメスがペナルティエリア左からシュートを打つが、これはGKにセーブされた。24分には岡崎がエリア前中央からシュートを放つが、DFにブロックされる。そのこぼれ球をエリア右のダビド・フェレイロが拾って左足で狙うが、シュートはわずかに枠の左へ逸れた。

 試合は68分、ラシンが均衡を破る。カリム・ヨダが右サイドを突破してマイナスに折り返すと、エリア右でフリーのアルバロ・セフードがダイレクトで右足を振り抜き、シュートをゴール左隅に沈めた。

 1点を追うウエスカは70分、高い位置でボールを奪うと、フアン・カルロスがエリア右へ持ち上がるが、シュートはDFにブロックされる。72分にはルイジーニョが強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かすが、GKの好セーブに阻まれた。

 このまま終了かと思われた後半アディショナルタイム5分、ホルヘ・プリードの落としを受けたイバン・ロペスがエリア右から右足シュートをニアに突き刺して劇的ゴール。直後に終了のホイッスルが鳴り、ウエスカが引き分けに持ち込んだ。

 次節、ウエスカは19日にアウェイでルーゴと、ラシンは20日にアウェイでテネリフェと対戦する。

【スコア】
ウエスカ 1−1 ラシン・サンタンデール

【得点者】
0−1 68分 アルバロ・セフード(ラシン)
1−1 90+5分 イバン・ロペス(ウエスカ)

サッカーキング

「ウエスカ」をもっと詳しく

「ウエスカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ