クロップ「彼らは守るだけ」スールシャール 「上手く攻撃できた」…英メディアが伝えた指揮官のコメント

10月21日(月)18時17分 サッカーキング

マンチェスター・Uのスールシャール監督(左)とリヴァプールのクロップ監督(右) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 20日に行われたプレミアリーグ第9節で対戦したマンチェスター・Uとリヴァプール。同試合に関してイギリスメディア『スカイスポーツ』は、試合後の両指揮官の対照的なコメントを伝えている。

 前半、マーカス・ラッシュフォードのゴールでマンチェスター・Uが先制に成功するも、試合終盤アダム・ララーナの同点ゴールが決まり1ー1のドロー。スタッツでは、アウェイのリヴァプールが圧倒した。ボール支配では7割近い数字を記録し、シュート数もマンチェスター・Uより3本多い10本。パスの本数でも、相手の倍以上である648本のパスを通した。

 まず、同メディアではリヴァプールのユルゲン・クロップ監督のコメントが紹介されている。

「イライラさせられたのは事実だね。私たちがここに来たとき、彼ら(マンチェスター・U)はいつもただ守っているだけだ。これで3年連続だ。でも、これは批判でも言い訳でもないよ、単なる事実だ」

「私たちは良いチームだ。私たちと対戦するチームには対策が必要になっているからね。でも、もっと強くなることができる。今日のような試合でも勝つことができるようにしなければならないね」

 一方、マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、この試合にある程度の手応えを感じたようだ。以下のように語っている。

「効果的に攻撃し、チャンスを作るためにチームを編成した。そして、上手く実行できたと思っているよ。私たちはボールを持ちすぎず、素早く攻撃をしたいと思っていたからね」

「試合を終えて、勝利について話すことができていないことに失望しているよ。でも、私たちのパフォーマンスは非常にポジティブであり、彼ら(リヴァプール)はきっと苦しんだことだろう。良いチームと戦うことができたね」

 イングランドの“ナショナル・ダービー”と言われる両チームの対戦。今回ゴール数は同じだったが、2人の指揮官には異なる印象を与えたようだ。

サッカーキング

「指揮」をもっと詳しく

「指揮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ