MotoGP:マルケス弟、2021年には最高峰クラス昇格か。2度目のタイトル獲得までのレースキャリア

11月8日(金)21時15分 AUTOSPORT web

 アレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)が第17戦マレーシアGPでMoto2クラスのタイトルを獲得。2014年のMoto3クラスタイトルに続き、2度目の世界タイトル獲得となる。


 1996年4月23日、アレックスはスペインのカタルーニャ州、セルベラに生まれた。3歳違いの兄マルク・マルケスの後を追うように、8歳のときにはミニバイクレースを始め、14歳となった2010年にはスペイン選手権(CEV)の125ccクラスに参戦。1年目をランキング11位で終えた。ちなみに、この年のCEV125ccクラスチャンピオンはマーベリック・ビニャーレスが獲得している。


 CEV2年目の2011年にはチームメイトのアレックス・リンスとチャンピオンを争い、ランキング2位。3年目の2012年からはマシンが4ストローク250ccのMoto3マシンとなり、7戦中2勝、2位1回でチャンピオンを獲得した。


 また、この年には世界グランプリのMoto3クラスにワイルドカード参戦。ワイルドカード参戦した3戦全戦で入賞し、カタルーニャGPでは6位に入賞した。この活躍により、シーズン後半のインディアナポリスGPより、成績不振のライダーに代わって、アンブロジオ・ネクスト・レーシングからスーター・ホンダで参戦。この年は17戦中11戦に参戦してランキング20位を得た。


 そして、2013年からはエストレージャ・ガリシア 0,0よりKTMでMoto3クラスにレギュラー参戦開始。第9戦インディアナポリスGPでグランプリ初表彰台となる2位に入賞。第16戦日本GPでは初優勝を達成し、シーズン通算5回表彰台に立ち、ランキング4位を獲得。ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。


 レギュラー参戦2年目の2014年はマシンをホンダNSF250RWに乗り換えた。この年はジャック・ミラーと最終戦まで接戦のチャンピオン争いを展開。アレックスは3勝、2位6回、3位1回と通算10回表彰台、予選ポールポジションを通算3回獲得。ジャックに2ポイントの僅差で競り勝ち、初の世界チャンピオンに輝いた。


 この年は兄のマルクもMotoGPクラスのチャンピオンを獲得しており、世界グランプリ史上初の、同一シーズンでの兄弟ライダーによるチャンピオン獲得となった。

2015年からMoto2クラスにステップアップしたアレックス・マルケス
2015年からMoto2クラスにステップアップしたアレックス・マルケス


 2015年よりMoto2クラスにステップアップ。2014年のMoto2チャンピオンチームであるマークVDSとエストレージャ・ガリシア・0,0のコラボレーションチームから参戦する。Moto2クラス1年目はチェコGPとイギリスGPの4位を最高位に、18戦中12レースで入賞し、ランキング14位を獲得した。


 2年目の2016年は第14戦アラゴンGPでMoto2クラス初表彰台となる2位に入賞するが、17戦中5回の入賞に止まり、ランキング13位に終わる。しかし、続く2017年には第4戦スペインGPでMoto2クラス初ポールから初優勝を達成、第7戦カタルーニャGP、第14戦日本GPと通算3勝を記録し、通算6回表彰台を獲得してランキング4位となり、Moto2クラスのトップライダーへと成長し、タイトル獲得への期待が高まった。


 ところが、2018年は2位2回、3位4回と表彰台には立ったものの、勝利を収めることができず、2年連続でランキング4位となる。


 そして、オフィシャルエンジンサプライヤーがトライアンフに変更された2019年シーズン。シーズン序盤から着実にポイントを獲得すると、第5戦フランスGPから第7戦カタルーニャGPまで3連勝。その後、第9戦ドイツGPで4勝目、第10戦チェコGPで5勝目を記録すると、ランキングトップをキープ。タイトルに王手をかけて臨んだ第18戦マレーシアGPで2位に入賞し、最終戦を残してチャンピオンを確定させた。

アレックス・マルケスの走り
アレックス・マルケスの走り


「タイトルを獲得できてすばらしい気分。とてもうれしい。2019年シーズンは完ぺきで、どのサーキットでも、そしてどんなコンディションでも、いい結果を残すことができた。悪い結果は忘れるようにして、いい結果を次のレースに最大限活かすようにした。完ぺきなパッケージのおかげでワールドチャンピオンになることができた」とアレックス。


 2014年のMoto3クラスに続いて、2回目の世界チャンピオン獲得。兄のマルクもMotoGPクラスのチャンピオンを獲得しており、2014年に続いて、2回目の同一シーズンでの兄弟ライダーによるチャンピオン獲得となった。


 小排気量クラス(125cc、Moto3)、中間排気量クラス(Moto2)の2クラス制覇は、2010年に125ccクラスで、2012年にMoto2クラスでチャンピオンを獲得した兄のマルク以来となる。Moto2クラス参戦5年目でのタイトル獲得は、歴代Moto2チャンピオンの中では最長記録で、Moto2クラス昇格後、タイトルを争うまでに時間がかかったものの、23歳でようやくチャンピオンを獲得した。


 偉大な兄マルクと常に比較され、プレッシャーもあったアレックス。次のステージは最高峰クラスでのマルクとの直接対決となるが、2019年シーズンの中盤時点で2020年もMoto2クラスに継続参戦することを決めている。これはMotoGPクラスのシートのほとんどが埋まっており、よりいい体制で最高峰クラスを戦うためだ。


 すでにビニャーレス、リンス、フランセスコ・バニャイア、ジョアン・ミルといったCEV時代からのライバルたちは、最高峰クラスに参戦しており、2021年にはアレックスがMotoGPクラスに加わることは間違いない。次の使命は2020年のMoto2クラスで連覇を達成すること。2021年のMotoGPクラスをアレックスがどんな体制で走るのかに注目が集まる。

MotoGP第18戦マレーシアGPのMoto2クラス決勝レースで2位に入ったアレックス・マルケス
MotoGP第18戦マレーシアGPのMoto2クラス決勝レースで2位に入ったアレックス・マルケス


AUTOSPORT web

「タイトル」をもっと詳しく

「タイトル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ