仙台、残留を争うライバルに2発快勝! 一方の清水は痛恨のリーグ4連敗

11月10日(日)15時49分 サッカーキング

平岡(右)のゴールを祝福する仙台の選手たち [写真]=J.LEAGUE

写真を拡大

 10日、明治安田生命J1リーグ第31節が行われ、ベガルタ仙台と清水エスパルスが対戦した。

 勝ち点35で並びそれぞれ13位と14位につける両チームの対戦は、J1残留を占う重要な一戦となった。

 先制したのは、ホームの仙台だった。20分、ペナルティエリア手前の右で縦パスを受けたFWハモン・ロペスがボールを収めると、ペナルティエリア中央のスペースにラストパス。絶好のタイミングで走りこんだMF関口訓充が右足でゴール右へ流し込み、今シーズン4点目を記録した。

 負けられない清水も反撃を試み、試合は両チームとも球際の激しいアグレッシブな展開となる。

 1ー0で迎えた後半、再びスコアを動かしたのも仙台だった。48分、右CKからDF永戸勝也が左足でゴール前へボールを送ると、ニアサイドでDF平岡康裕がヘディングシュート。これが清水のゴールネットを揺らし、貴重な追加点を挙げた。

 その後スコアは動かず、2ー0で試合終了。ホームの仙台が残留に向け貴重な勝ち点3を掴んだ。一方、敗れた清水はこれでリーグ戦4連敗。次節ホームで迎える大分戦では、何としてでも勝利を挙げたいところだ。

【スコア】
ベガルタ仙台 2ー0 清水エスパルス

【得点者】
1ー0 20分 関口訓充(ベガルタ仙台)
2ー0 48分 平岡康裕(ベガルタ仙台)

サッカーキング

「仙台」をもっと詳しく

「仙台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ