熊本地震 生活再建阻む街づくり

熊本地震3年 生活再建阻む街づくり「震災ではなく人災」

4月16日(火)6時0分 毎日新聞

熊本県益城(ましき)町は2016年4月の熊本地震で震度7の激震に2度襲われ、住宅の6割が全半壊した。それから3年。町中心部では公共事業による新たな街づくりが進むが、それは住民の生活再建に規制の網をかける形にもなり、あつれきを生んでいる。【福岡賢正】「追い立てられている気分。補償はスズメの涙しか出ない…

記事全文を読む

「熊本地震」をもっと詳しく

「熊本地震」のこれまでの出来事

「熊本地震」のニュース

みんなのコメント

  • 人口が減少した町に立派な公共工事。残るは、高齢者と国の借金。栄えるのは、土建業者と自民党。

  • いいな〜マスコミは。生産性のない業種の筆頭なくても困らない困るのは共産支持者だけ

  • 道路を作れば車が増える、車が増えれば道路を広げる、いずれ道路だけ立派になり住民は居なくなる!!国土を破壊する日本の役人。

  • 復興の道路工事計画は中国だとジグザグになることもなく真っ直ぐで立派な道路を作ることができるのにな。こういう所は地権者の我儘が通る日本のデメリットかな

  • 被災住民のエゴが復興を妨げているのは事実

全件表示する

BIGLOBE
トップへ