心愛さんの母に懲役2年求刑

心愛さんの母に懲役2年求刑 野田虐待初公判 判決は6月26日

5月16日(木)17時33分 毎日新聞

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が親から虐待を受けて死亡した事件で、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)は16日、千葉地裁(小池健治裁判長)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。冒頭陳述と被告人質問などに続いて検察側は懲役2年を求刑。弁護側は情状酌量を求め…

記事全文を読む

「虐待死」をもっと詳しく

「虐待死」のこれまでの出来事

「虐待死」のニュース

みんなのコメント

  • 執行猶予付き判決ではなく禁固刑が相当。逃げ場のない娘を見て見ぬふりどころか虐待に加担

  • 最低でも、心愛ちゃんがいじめられた年数は獄中で償え。

  • 父親主導だから執行猶予なんだろうな。別れて子供をしっかり育てな。父親は改心しそうにないからいのち取ってほしいが傷害致死で微罪ですぐ出て来る。あーあ。犯罪者に甘いねえ

  • 養豚場で豚と一緒に二年ならいいが、栄養満点でフルーツまで付く三食昼寝付き人間扱いの豚箱では刑が軽すぎる。こんな甘っちょろい前例で決まる判決をしてるから裁判員が集まらないんだ。仕事をしろ裁判長。

  • 母親も被害者だと思うが、無為無策も罪になるんだよなあ。それにしてもこのクソ父親、死刑だよSHIKEI、吊るさないと市民が納得せぬ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ