経産省も「老後に2900万円不足」

経産省も「老後に2900万円不足」 審議会で独自試算

6月26日(水)16時0分 文春オンライン

金融庁が老後に2000万円が必要だと試算した報告書をまとめたものの、担当大臣の麻生太郎副総理が受け取りを拒否した問題。経産省も、老後に約2900万円が必要だとする独自試算をまとめていたことが「週刊文春」の取材で分かった。また、この試算は最近、閲覧できない状況になっていた。「年金がいくらとか心配したこ…

記事全文を読む

「経産省」をもっと詳しく

「経産省」のこれまでの出来事

「経産省」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 少子高齢化でこうなるのわかってることなのに何もできなかった自民党。高い給料もらってるのにほんと無能。そして自分たちの利権のためだけに政治をしている。将来はどうでもよく、さらに嘘つきで信用できない。

  • 麻生の顔なんてアップにするな! 胸糞悪いわ!

  • はっきり言って今の政権(安倍政権)は、一般庶民との金銭感覚がずれている(怒)。現在の年金生活者は間違いなく将来の生活資金が不足する事は間違いない事実だ。こんな事も認めようとせずもみ消す政権など必要ない

  • 事実だ!月4〜5万円の年金では暮らせない。現実にぶち当たる前にみんなで話し合った方が良い。野党も批判ばかりでなく具体的な試算を出すべき!今、安倍政権が解散して喜ぶのは中国大陸と朝鮮半島と野党。

  • 老後にいくら必要かなんて、暮らし方でずいぶん違うだろ 持ち家と賃貸住宅でも違ってくる それなりに贅沢に暮らせばいくらあっても足りなくなる そもそもこういう数字を出すことが無意味なのだ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ