国交副大臣 地震直後も飲酒疑惑

大塚高司防災担当副大臣 新潟・山形地震直後もホステスと飲酒疑惑

6月26日(水)16時0分 文春オンライン

6月18日夜10時22分頃、最大震度6強を観測した新潟・山形地震。その発生直後、防災担当の国交副大臣・大塚高司衆院議員(54)が、周囲の制止にもかかわらず、赤坂の老舗クラブでホステスらと飲み続けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。派閥の事務局長でもある大塚副大臣©共同通信社大塚氏がこの日、竹下…

記事全文を読む

「大塚高司」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 酒を飲むのは問題ない。だが非常時に対応しない・できない。嘘をつく。周囲に圧力をかけ事実を曲げる。これは許せん。

  • 飲むのは悪く無いが、周りの説得を無視するのは如何なものか???

  • 一年前の赤坂自民亭の宴会を思い出す。災害おきても酒盛りするわ公文書は改ざんするわ首相は海外旅行行って税金バラまいてタンカー穴あけられてくるわ、この政権どこまで国民なめるんや?

  • 安倍内閣は自民亭にホステスを呼ぶようにダレてきたのか

  • 相も変わらず自民には腐った奴が多すぎるな。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ