豪雨被害支援 幕末の縁きっかけ

長岡市の義理堅さが「泣ける」 豪雨被害に支援の手、きっかけは「幕末の縁」

7月12日(木)13時30分 J-CASTニュース

「義理固いなあ、泣ける」「つくづく思うのですが、人に良いことしたら回るんですよね...」——。新潟県長岡市が2018年7月11日、西日本豪雨で被災した岡山県高梁市の支援に乗り出した。理由は両市を結ぶ幕末の「縁」だ。新潟中越地震の経験を支援に活かす広島県との県境にある高梁市は、記録的な豪雨で高梁川・成…

記事全文を読む

「西日本豪雨」をもっと詳しく

「西日本豪雨」のこれまでの出来事

「西日本豪雨」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 150年前の暴動で徳川を支持して廃藩に追い込まれた長岡藩が高梁と縁があったとは……。人は堀。人は石垣。人は城。武士の義理情けはいつの世でも心が和む。

  • 野党がー、枝野がー、辻元がー。政府の対応の遅さが被害拡大させてるのに、今度は災害時自衛隊ヘリ飛ばさなかった事が露呈。さっそくそれを隠蔽。責めるならこっちでしょ?まだ他所のせいで誤魔化すの?

  • きっと山口県(長州)とかは行かないんだろうな

  • 維新の会はどこと縁があるの?

  • 君ィ、幕末は関係ないと思うぞ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ