なぜ続く?学校での熱中症被害

学校における熱中症被害、なぜ続く? 「子どもに我慢を強要する"根性論"がまだ残っている」

7月19日(木)17時55分 キャリコネニュース

猛暑が続く中、学校で熱中症になってしまう生徒・児童が後を絶たない。7月17日には、愛知県豊田市で小学校1年生の男子児童が校外学習の後に死亡する事件が起きた。翌18日にも宮城県名取市の小学校で児童38人が病院に搬送されている。なぜ学校ではこうした被害が相次ぐのか。教育評論家の石川幸夫さんは、「学校側に…

記事全文を読む

「校外学習」「エアコン設置」など問題は山積み!? 学校の猛暑対策に改善を求める声多数

7月19日(木)18時58分 STANDBY

連日猛暑が続く日本列島。7月17日には愛知県豊田市の小学1年生男児が、学校近くの公園で行われた校外学習から戻った後、教室で意識を失い、搬送先の病院で死亡した。死因は熱射病だという。この痛ましい事故について、ネット上では様々な意見が寄せられている。Twitterでは、“熱中症で小学1年生死亡って可哀想…

記事全文を読む

「熱中症」をもっと詳しく

「熱中症」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 学校の体育館や教室にエアコンが無いのは不思議です。今は付けないと死者が出る以上気温の時代ですよ。

  • 昔は先輩・先生に水も飲ませて貰えなかった…

  • クーラー設置してても、おバカな教師がエコだの地球環境だの言いだしてなかなかクーラーを付けてくれない現実

  • 職員の間では疑問を感じている人もいるが、管理職のゴリ押しで対策が後回しになるケースが多い。

  • 異常な迄の暑さでだ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ