事故後もあおり「我慢の限界に」

東名で事故後もあおり運転 弁護側「東名事故後でがまんしていた」

12月6日(木)11時15分 産経新聞

神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩(かずほ)被告(26)に対する裁判員裁判の第4回公判が6日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれた。この日は、石橋被告が東名…

記事全文を読む

「あおり運転」をもっと詳しく

「あおり運転」のこれまでの出来事

「あおり運転」のニュース

みんなのコメント

  • 人としての常識が無い被告です。本当に反省するまで2度と社会には出てほしくない気持ちです。

  • 弁護士さんには申しわけないが、こんな奴の弁護を引き受ける弁護士とはただ自分の欲の為で良心のかけらもない非人間に見えてしまうのは私だけでしょうか。

  • 我慢していたの意味が分からない。邪魔なのは石橋死刑囚。

  • そもそもどの事件も自分で蒔いた種、わがままだろ。人のせいにするなよ。弁護士もそれに同調って理解不能。本当に悪いと思ってるなら弁護士に反論弁護させないで罪認めろよ。

  • 犯罪者は今後全ての血筋を根絶やしにすべき。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ