バブル入社組を放置 企業のツケ

バブル入社組を30年放置した企業のツケ

1月12日(金)9時15分 プレジデント社

30年前のバブル期に大量採用された社員が、「リストラの適齢期」を迎えはじめた。希望退職者に退職金を上乗せする手厚い企業もあるが、減給・降格で転職に追い込む企業もある。「お荷物社員」について企業はどう考えているのか。数百人の希望退職を実施した大企業の人事部長に匿名で話を聞いた——。■東証1部上場企業の…

記事全文を読む

バブルをもっと詳しく

みんなのコメント

  • バブル期に採用された人間もヒドいが、そこ頃に「若手&中堅」とされていた人間は、もっとヒドいよ。大量に入ってきた若者に面倒なこと全て押し付けて仕事らしい仕事しないで年功だけで昇進していったからね。

  • まずは経営者からリストラしたら?結局はおんなじことの繰り返しじゃん。何だかんだ書いてるけど、その程度の経営しか出来ないなら、社員じゃなく経営者を変えた方が良くなるんじゃないのか?

  • ゆとりとか言う前に会社にはベテランでも使えない社員がいくらもいるだろ。人を評価する前に評価できない上司が多すぎ。そんな上司に限って毎日無駄な残業してる能力の無い社員の事を頑張ってると思い込んでいる。

  • バブルの受験戦争を勝ち抜いた=『24時間365日戦い結果を出せる証明』だろ。そんなパワフルな連中に早く帰れる頭を使わないポストをやって、高卒にキツい長時間労働をさせる日本の会社は地獄の閻魔の代行業か?

  • これからはリストラどころかAIの発達で職業そのものが無くなる、銀行員、裁判官、いままで威張ってた奴等が路頭に迷うんだぜ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ