経済対策「大判振る舞い」と批判

「何のための増税か」 経済対策「大判振る舞い」の評判

1月14日(月)21時0分 J-CASTニュース

安倍晋三政権で(第2次内閣発足以降)7回目の予算編成となる2019年度の国の予算案が18年末に決まった。一般会計の総額は、前年度当初に比べ3兆7437億円増の101兆4564億円と、当初予算として初めて100兆円の大台を突破した。19年10月の消費税増税による景気落ち込みを防ぐため約2兆円の経済対策…

記事全文を読む

「経済対策」をもっと詳しく

「経済対策」のニュース

みんなのコメント

  • 税収を上げるために増税するのに、それによる景気の落ち込みを防ぐために経済対策なんて必要か。一体何のために増税するんだよ。全く無意味ではないか。

  • 社会保障費というが、ほとんどが関連団体、組織に消費されて現場はじり貧。医療保険、介護保険を民間にすればいいが、保険という集金のうまみを手放さない官僚。医者と製薬会社、厚労省は丸儲け。

  • 公務員の給料に大盤振る舞いなんでしょ?

  • 何が大判振る舞いなのさ?大判振る舞いってのは100兆円全部国民に返して謝罪するくらいのことを言うんだよ。馬鹿たれが!

  • 増税より中韓?バカなんじゃない?w

全件表示する

BIGLOBE
トップへ