みずほ 1.9万人削減計画の背景

【みずほフィナンシャルグループ】利益の量・質共に3メガで劣後 1.9万人削減で地力反転狙う

1月19日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

2期前に当期純利益で3メガバンクグループ中2位となり、万年3位の座から脱したみずほフィナンシャルグループ。ところが、今期は独り負け状態だ。原因を分析すると、来期の不安材料も散見された。(「週刊ダイヤモンド」編集部鈴木崇久)「正直、あの数字には驚いた」──。3メガバンクグループの首脳がそう本音をこぼし…

記事全文を読む

「みずほフィナンシャルグループ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 銀行って何を売るわけでもないのに巨額の富を手にする。こういう業界はどこか胡散臭いが、従業員は高額所得!

  • 銀行員なんてAIにとって代わられる運命。人間の必要はない

  • 銀行と弁護士。昔は人気があった花形業界だが、今は先行きが厳しい業界か。

  • 経営者が無能だった場合、切られた1.9万人の方が有能だった可能性があるな。

  • 40年前は興銀、富士ともAの数が多く超エリートしか入れなかった。当時、30歳で年収1000万もザラ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ