JALの顧客満足が復活したワケ

JALの顧客満足がどん底から復活したワケ

2月14日(水)9時15分 プレジデント社

1月24日、日本航空(JAL)は植木義晴社長の退任を発表した。植木社長は経営破綻からの6年間、再建のかじ取り役を務め、同社を生まれ変わらせた。ポイントはなんだったのか。『JALの心づかい』(河出書房新社)の著者・上阪徹氏は「『JALフィロソフィ』による意識改革の成果だ」と分析する。その内容とは——。…

記事全文を読む

JALをもっと詳しく

みんなのコメント

  • 顧客満足度に上限はない! この程度で満足して自画自賛している様じゃまた破綻するね!

  • 何か勘違いされてる人が多いですね。JALが経営不振になったのは、国が不採算路線撤退を許さなかった為ですよ。ANAは民間企業で良い所取りしたので問題なし、これを考えないと駄目ですね。

  • 様々な優遇政策を受けているから資金を顧客満足向上に回せただけの事。こうした事情を考慮して記事を書いてもらいたい。

  • 普通の航空会社になったんだよ。以前のようなルール違反が減ってるからな。

  • 接客っていうか グランドスタッフの客の気持ちになったサービスというのは 圧倒的にANAの方がいい JALは所詮客だろ的な目線 機内のCAなどに関しては両者互角 さすが日本の航空会社

全件表示する

BIGLOBE
トップへ