三菱重工 先の見えないMRJ支援

三菱重工の「先の見えない戦い」 MRJ開発への支援に潜むリスク

11月18日(日)17時0分 J-CASTニュース

三菱重工業が2018年10月末、小型航空機MRJ(三菱リージョナルジェット)の開発子会社・三菱航空機に対する2200億円規模の金融支援を打ち出した。三菱航空機は3月末時点で1100億円の債務超過に陥っており、その解消が目的だ。だが、今回の巨額の財務支援だけではMRJ開発の先行きは万全とは言えず、最低…

記事全文を読む

「三菱重工業」をもっと詳しく

「三菱重工業」のこれまでの出来事

「三菱重工業」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 重工こけたら日本の防衛産業壊滅だわな〜

  • 民間機はブラジルやカナダでも作れるのに、日本でできないのがわからない。

  • 三菱重工には米国航空機会社のライセンス生産の実績があるのにMRJには活かせないのか?開発段階で債務超過の企業を誰も相手にしないだろう。オール三菱で全面支援しないと危ないぞ。

  • 民間機すらこんな状態なのに次世代戦闘機など開発できるはずがない。いざとなって核もなけりゃ米のお古の防衛設備買って国民に安全アピールしている能無し安倍、憲法改正などと愚かな高望みはやめて引退しろ。

  • 見えなさすぎ。話しがあってから10年近く経つんじゃないのかな。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ