再び真の姿現した「水中の長城」

再び真の姿を現した「水中の長城」—河北省

8月18日(日)5時0分 Record China

河北省寛城満族自治県にある潘家口ダムの貯水量が最近減少し、ダムに沈んでいた「水中の長城」の勇壮で美しい姿が再び水面の上に現れた。この「水中の長城」は明長城の遺跡。1970年代、重大水利プロジェクト工事が行われ、潘家口ダムに貯水したため、長城の一部が水没して見えなくなり、「水中の長城」という奇観が生ま…

記事全文を読む

「河北省」をもっと詳しく

「河北省」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 沈没した船など都合の悪いものを水没させたのが暴露されるのでは。まさか新幹線は出てこないよね。

  • この記事に価値はあるのでしょうか?

  • 良かったろう見れないものが見えて、水不足だからって日本の水を勝手に持ち出すのは違法だかんな!

  • 何でも埋めたり沈めたり。いっそ、全部水抜いて調べたら?

  • 今の共産政権の文化破壊から守るのにちょうどよい。

BIGLOBE
トップへ