火鍋にネズミの死骸 株価暴落

中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9億ドル

9月13日(木)19時39分 ニューズウィーク日本版

<中国の外食チェーンがまた「制裁」を受けた。ネットを駆け巡った気持ち悪過ぎる動画と株式市場で>妊婦が食べていた火鍋にネズミの死骸が入っていたことがわかり、中国のレストランチェーン、呷哺呷哺(シャブシャブ)の株式時価総額は1.9億ドルも減少した。女性は9月6日、夫と一緒に、山東省の呷哺呷哺の支店で火鍋…

記事全文を読む

「中国」をもっと詳しく

「中国」のこれまでの出来事

「中国」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 中国関連で最も信用に値しないのは衛生面だな。日本が綺麗すぎるだのいつも比較するだけはある

  • 日本も船場吉兆の使いまわし事件あったし、外食産業の衛生をどこまで信用していいものかはあなた次第、やっぱ、母ちゃんが作るまずい料理が一番安全なんだよ。

  • 野菜管理や衛生面の悪さがバレだね。丸ごとなら鍋作成中に分からない訳ないでしょ。生きていたなら暴れるし、死体なら材料投入時分かるよ。給料や待遇に不満持つ従業員の犯行だよ。食べた人は運が悪かっただけだね。

  • 鍋で焼くか煮たりしてんだから死骸で不思議ではない、それに普段犬猫食べてるんだから何てこと無いでしょうに?!

  • 「当たり!運がいい」とは、さすがの中国でもならないのですね。それにしてもネズミは気持ち悪いどころではなく、悪い菌が多いはずなのでまずい自体でしょう。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ