セウォル号遺族への判決に波紋

一人息子を失った痛みで暴行もやむなし?韓国セウォル号遺族への判決に波紋=「あり得ない」「セウォル号遺族なら何でも許される世の中」

9月23日(土)1時0分 Record China

2017年9月21日、韓国で14年に起こった旅客船セウォル号沈没事故で一人息子を亡くした父親が公務員に暴行を加えたとして起訴された事件で、裁判所が下した判断に波紋が広がっている。韓国・聯合ニュースなどが報じた。光州(クァンジュ)地裁・木浦(モッポ)支部は同日、傷害と公務執行妨害罪で在宅起訴されたチェ…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 対日問題でも国際的信義を踏みにじる韓国ではこの程度の理不尽は不思議ではない。

  • もともと韓国は法治国家ではなく感情至上国家だろ。他国の仏像盗んでも返却しない判決を下す国だ

  • 「これが国なのか?」って、もはや国としての体をなしていませんからねぇ。

  • 国民情緒が法より優先されるが、その情緒が不安定ww

  • 国のトップであろうと、全ての人が法の支配の下にある国である事が自由民主主義国家の大前提。

  • 法律が人情より問題ならないほど軽い国!関わると馬鹿を見るもう100年前から日本は大損害を受けている断交がベスト!

  • 元々民衆主義でその場その場で法律があやふやになる国なのでそれぐらいは普通でしょ国レベルで約束を破る国なので。

  • 猿人だからしょうがない

  • 早く赤化統一して、この民族は消滅させるべき。

  • 反日無罪と同様に、法治国家ではない。驚くに値せず

全件表示する

セウォル号をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ