160km走行 ボンネットから子猫

子猫が車のボンネット内に入り込んだまま160km走行!無事救出 

9月24日(日)19時0分 クランクイン!

アメリカで約160kmを走った車のボンネット内に、生後4か月の子猫が発見されたという驚きのニュースを海外メディアUPIが伝えた。車を運転していたポール・ザイン氏は全く気付かなかったと話し、運転後に車を整備士に見せていたところ子猫が発見されたのだという。車を運転したザイン氏は、「整備士が猫を飼っている…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • これから日本でも寒くなると入り込むことがあるから、運転前にエンジンルームを確認しておきませう

  • うちの近所でも猫がよくエンジンルームに入り込んでるのを知らずエンジン掛けたら・・・というのを聞いてたけど、「よくぞご無事で」。いやほんとに良かったです。

  • 子猫の鳴き声聞こえてもいい筈なのに

  • エンジンかけて、からだがちぎれて………、考えるだけでもゾッとする

  • 勝手に入ったらわからないよね。温かいからよく入るらしい。エンジンかける前にボンネットをたたくとかすればいいっていうけどしないね。

  • 動物虐待は止めましょう!

  • 親がちゃんと言い聞かせないから悪いんだ

  • 整備場で入ったんじゃないの...

ネコをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ