「生きづらさ系」が生まれた背景

ドクター・キリコ事件の衝撃 「生きづらさ系」はネット空間から生まれた

8月17日(金)17時0分 文春オンライン

昨年10月、座間市で男女9人の遺体が発見される事件が発覚した。背景にはネットで「死にたい」と言っている若者たちが多いことがある。一方、今年7月には、奈良県の女子高生が、また北海道で10〜20代の男女2人が自殺をした際、その経緯を動画で配信していた。自殺志望者に青酸カリを送ったドクター・キリコ話題の書…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • どんな会社でも面の皮の厚いやつが生き残る そいつらが幹部になるから不祥事が続く

  • 何でもかんでもすぐに政治のせいにするような風潮を蔓延させれば何の考えも持たずに生きづらいとかアホなことを言う奴が増えるんだよお隣の社会主義独裁国家を見なさい日本ほど自由で何を言っても許される国はないよ

  • 政治家が明るい未来を示さない、若者が結婚したら1千万とか渡したらいい、子供が生まれれば100万二人目以降倍づつあげれば少子化も解消して、人口減少で衰退するから外国人移民とかそんな話は無くなる、

  • 死にたいやつ、生きにくい奴等はどんどんいなくなっていけばいい。残りは死にたくない、生きられるやつだけ残ってちょうどいいだろ。

  • 死にたいのですが何か。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ