インプラントが副鼻腔突き抜ける

インプラントが副鼻腔突き抜けた患者に歯科医「よくある」

7月2日(土)7時0分 NEWSポストセブン

都内在住の50代男性は10年前、歯周病が進んで上の左右の奥歯がぐらつくようになった。「近所の歯医者からは、抜歯しなければ、周囲の歯もダメになるので、入れ歯かインプラントにしたほうがいいといわれたんです。それで妻がインターネットで〈インプラント経験豊富〉と謳う歯科クリニックを探してくれました」クリニッ…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

歯科医をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ