認知症に似た「せん妄」の恐怖

認知症に似た「せん妄」の恐怖、不可解な暴言や鬼の形相に

8月16日(木)16時0分 NEWSポストセブン

54才のN記者は、認知症の母(83才)の介護にあたっている。その中で思い出したのは、亡き父が発症し、認知症と類似していた“せん妄”の症状だった。***17年前に、父(故人)が66才でくも膜下出血で倒れたときのこと。救命救急に運ばれ、一命は取り止めたものの、入院中にせん妄を発症。私が娘ということは認識…

記事全文を読む

「認知症」をもっと詳しく

「認知症」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ああ、本人はもちろん家族にとっても長生きが辛い時代じゃのう。

  • ぴんぴんコロリ大往生が理想だな。ボケるまで生きたくないものだ。

  • 国会には沢山いるのではと思いますが? 国会中継見てて 思いますよ 不都合な点を指摘されると 急に態度が 言葉使いが変わる かと思うと 詐欺話 ウソ話になると 優しい口調で 丁寧に真摯に説明しますと?

  • 元民主党議員に多い症状だね、自民を批判する材料そのものを自分たちはやっていながら忘れて妄言を吐きブーメランとなって帰ってくるとことかさ

  • 憑き物みたいですね

全件表示する

BIGLOBE
トップへ