西日本・東海エリア 今後の天気と注意点

7月17日(火)15時35分 tenki.jp

この先もしばらく晴天と体にこたえる暑さが続くでしょう。熱中症に十分な注意が必要です。

西日本・東海エリア 今後の天気と注意点

18日も暑さとにわか雨に注意

18日(水)も九州から東海は晴れて、猛烈な暑さが続くでしょう。最高気温は広島は34度、岡山は36度、松山は33度の予想です。うだるような暑さが続くでしょう。京都は38度、岐阜は39度と体温を超すような危険な暑さが続きそうです。18日(水)も熱中症に十分な注意が必要です。午後は山沿いを中心ににわか雨や雷雨の所がありますので、天気の急な変化にもご注意下さい。危険な斜面には近づかないようにしましょう。

しばらく暑さが続く

この先、1週間も太平洋高気圧の勢力は衰えず、晴天と厳しい暑さが続くでしょう。最高気温は35度前後の所が多く、連日体にこたえる暑さが続きそうです。夜間も気温の下がり方は鈍く、熱帯夜の続く所が多いでしょう。

被災地での復旧作業の際も熱中症に十分注意が必要です。できるだけ、のどの渇きを感じる前にこまめに水分を補給し、汗をたくさんかいたら適度に塩分をとることも大切です。適切に休憩もとり、無理のないようになさって下さい。寝る前にコップ一杯の水を飲むなど、夜間の熱中症対策も心掛けて下さい。

tenki.jp

「東海」をもっと詳しく

「東海」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ