空にも季節の歩み 秋雲「巻雲」ひろがる

8月19日(日)14時0分 ウェザーニュース


静岡県裾野市(19日 9時09分)

2018/08/19 14:00 ウェザーニュース

移動性の高気圧に覆われて、東北から九州の広い範囲でスッキリと晴れています。

関東地方や中部地方の空には、ほうきで掃いた跡のような筋状の雲が見られました。

神奈川県相模原市(9時23分)

神奈川県相模原市から届いた写真には、「空の表情がどんどん変わります♪」とコメントが添えられていました。
カラッとした体感にも秋を感じつつ、空模様の変化を楽しんでいらっしゃるようです。

この雲は「巻雲(けんうん)」と呼ばれる、上空高いところに出る薄雲です。高層では風が強く吹いているため、空の表情も刻々と変わってくわけです。

今日の上空高い層には前線が伸びていて、その前線の影響で薄雲が発生したと考えられます。
ひまわり8号を見ても筋状の雲が南北に伸びている様子がわかります。

ただ、明日は北上する台風19号の影響で、西日本や東日本の太平洋側では雲の多い天気になります。
台風の周囲をまわる湿った暖かい空気の影響で、ムシムシとした暑さも復活してしまい、秋を思わせる空と過ごしやすい体感は今日までになる見込みです。


ウェザーニュース

「相模原」をもっと詳しく

「相模原」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ