5日(木)の天気 西日本から東北で晴雨兼用の傘が活躍

9月4日(水)17時0分 ウェザーニュース


2019/09/04 16:27 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本から東北は晴雨兼用の傘が活躍
・台風13号が沖縄の先島諸島に最接近
・北海道は朝晩と昼間の気温差大


予想天気図 5日(木) 9時

明日5日(木)は西日本から東北は天気が変わりやすく、東京でも晴雨兼用の傘が活躍します。

なお、台風13号は南西諸島に近づき、先島諸島を中心に大荒れの天気になりそうです。

西日本から東北は晴雨兼用の傘が活躍

西日本から東北にかけて変わりやすい空。日差しが届くことがあるものの、にわか雨の可能性もあり、雷を伴って強く降ることも。

また、東海から西では30度以上の所が続出するなど、昼間は厳しい残暑が続きます。

雨と暑さへの対策に、晴雨兼用の傘が活躍しそうです。

台風13号が沖縄の先島諸島に最接近

強い勢力の台風13号は、今後もさらに発達しながら北上し、明日5日(木)の午後に宮古島など先島諸島に最も近づく見込みです。

先島諸島では雨や風が強く大荒れの天気で、海では猛烈なしけとなりそうです。

北海道は朝晩と昼間の気温差大

北海道は日差しが届いて穏やかな空模様です。

朝晩はヒンヤリする一方、日中は夏を思い出す暑さになる所も。

朝晩と昼間の気温差が大きいので、羽織るもので上手に温度調節をしてください。


ウェザーニュース

「天気」をもっと詳しく

「天気」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ