2018年ブレイク俳優に注目!“見逃せない”洋画15選

1月8日(月)8時0分 シネマカフェ

『トゥームレイダー ファースト・ミッション』&『君の名前で僕を呼んで』&『デッドプール2』&『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

写真を拡大

『ワンダーウーマン』のガル・ガドットや、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のビル・スカルスガルド、前作で大ブレイクした『キングスマン:ゴールデン・サークル』のタロン・エガートンのように、社会現象化するほどのヒット作の中には必ずといっていいほど、光る原石のような注目俳優が存在する。そんな気になる俳優が目白押しのシネマカフェ的2018年のオススメ映画をご紹介!

【春】
『ブラックパンサー』3月1日(木)公開
昨年は4本もの映画が公開されたマーベル・スタジオ作品。本作はこれまでとはひと味違う、スタイリッシュでクールな世界観が見どころ。国王とヒーロー、2つの顔を持つ新ヒーロー“ブラックパンサー”を演じるのは『42〜世界を変えた男〜』のチャドウィック・ボーズマン、ワカンダ王国の秘密を狙う敵エリック・キルモンガー役には『クリード チャンプを継ぐ男』のマイケル・B・ジョーダン、また、国王を支える女スパイのナキア(ルピタ・ニョンゴ)、ワカンダ王国の親衛隊リーダーのオコエ(ダナイ・グリラ)といった女性戦士の活躍も見られそう。



『トゥームレイダー ファースト・ミッション』3月21日(水・祝)公開
アンジェリーナ・ジョリーが主人公ララ・クロフトを演じて大ヒットしたシリーズを、新たに『リリーのすべて』でアカデミー賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデルを迎えてリブート。公開されている映像や本ポスターからは、アリシアが本作のためにかなりのトレーニングを積んだ様子が見てとれる。幼少期からバレエに親しみ、母国スウェーデンでは王立バレエ学校で学んだ経験もあるだけに、しなやかでキレのあるアクションが期待できそう! 私生活ではマイケル・ファスベンダーと結婚したばかりのアリシア、新境地となるアクションアドベンチャーに期待大。



『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』3月30日(金)公開
リュック・ベッソン監督がSFコミックの金字塔的作品を実写化。陽気で“チャラい”主人公ヴァレリアンを演じるのは、『アメイジング・スパイダーマン2』『ディーン、君がいた瞬間』『クロニクル』『キル・ユア・ダーリン』など、“憂い系男子”の代表格…だったデイン・デハーン。彼がチャラ男を演じて宇宙を救う日が来るとは! そんなデハーン演じるヴァレリアンが唯一頭が上がらず、アプローチしても相手にしてもらえないローレリーヌ役にはカーラ・デルヴィーニュ(納得)。歌手のリアーナも出演するほか、イーサン・ホークにクライヴ・オーウェン、『ブレードランナー』('82)のルトガー・ハウアーといった渋オジたちも見逃せない。



『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』4月6日(金)公開
ロビン・ウィリアムズ主演作『ジュマンジ』ではボードゲームだった舞台が、今度はTVゲームの世界へ。すでに公開された全米では、オープニング5日間で5,060万ドルの大ヒットとなり、ランキング初登場2位を記録したほか、海外28か国でNo.1を獲得。TVゲームに吸い込まれた高校生の“キャラ変”した姿を演じるのは、“ロック様”ことドウェイン・ジョンソン、『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラック、『セントラル・インテリジェンス』のケヴィン・ハート、そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのカレン・ギラン。特にカレン・ギランは『ガーディアンズ〜』ではメイクで封印されていた美貌がお披露目。それぞれ、元キャラとのギャップ差も楽しんで。なお、人気シンガーのニック・ジョナスも出演! 



『レディ・プレイヤー1』4月20日(金)公開
スティーヴン・スピルバーグ監督が驚異のバーチャルリアリティ(VR)の世界で、日本のガンダムをはじめとするポップアイコンをふんだんに盛り込んで描くSFスペクタクル超大作。主人公ウェイドを演じるのは、『X-MEN:アポカリプス』に続いて『X-MEN:Dark Phoenix』(原題/全米11月2日公開)でもサイクロップス(スコット)を演じるタイ・シェリダン。「ベイツ・モーテル」の英女優オリビア・クック、『アントマン』続編『Ant-Man and the Wasp』(原題)にも出演するハンナ・ジョン・カーメンほか、なんと日本からの若手キャストも! 「ごくせん」や『天国からのエール』などに出演し、5人組ダンスボーカルユニット「PrizmaX」のメンバーだったスターダスト・プロモーション所属の森崎ウィンが、オーディションから大抜擢。ウェイドの友人・ダイトー役でハリウッドデビューする!



『パシフィック・リム:アップライジング』4月公開
本作も、日本の怪獣やロボットアニメをはじめとするポップカルチャーから多大な影響を受けて誕生したアクション超大作、その5年ぶりの続編。主演は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、さらに『デトロイト』にも出演するジョン・ボイエガ。前作から“森マコ”役の菊地凛子が続投し、新たに新田真剣佑、スコット・イーストウッド、TVシリーズ「エメラルドシティ」ドロシー役のアドリア・アルホナ、『キングコング:髑髏島の巨神』のジン・ティエンなど、いま勢いのあるキャストたちが集結。よりパワーアップしたKAIJU vs人型巨大兵器“イェーガー”の激アツアクションが楽しめそう。



『君の名前で僕を呼んで』4月公開
打って変わって、こちらは映画賞レースの目玉作品の1つであり、昨年の『ムーンライト』にも匹敵する切ないラブストーリー。80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、年上の知的で明るい男性にどうしようもなく惹かれていく少年の初めての恋を描く。主演のティモシー・シャラメは、間違いなく2018年のネクストブレイク男子の1人。そんな彼が恋してしまう相手は、「世界で最もハンサムな顔2017」で第3位に急浮上したアーミー・ハマー。なお、ティモシーくんは女優グレタ・ガーウィグが初メガホンをとったシアーシャ・ローナン主演『レディ・バード』にも出演、同作には『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズも出演する。



『The New Mutants』(原題)(全米2019年2月22日)
『X-MEN』シリーズの新作『Dark Phoenix』にはジェニファー・ローレンスをはじめ、ソフィー・ターナー、タイ・シェリダンらが続投、ジェシカ・チャステインが悪役で登場するといわれるが、こちらは『X-MEN』のスピンオフ作品。『きっと、星のせいじゃない。』のジョシュ・ブーンが監督を務め、5人の若きミュータントの覚醒を描く“ヤングアダルト”SFホラーとなりそう。ミュータント役には、『スプリット』『ウィッチ』で鮮烈な演技を見せたアニヤ・ テイラー=ジョイほか、「ゲーム・オブ・スローンズ」アリア・スターク役のメイジー・ウィリアムズ、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」ジョナサン役のチャーリー・ヒートン、ヴァンパイアドラマ「オリジナルズ」に出演していたブル−・ハント、「ティーン・ウルフ」「13の理由」のヘンリー・ザガと海外ドラマ発の注目俳優が顔を揃える。




【夏】
『I, Tonya/アイ、トーニャ』(原題)初夏公開
フィギュアスケート界最大のスキャンダル「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の渦中にいたトーニャ・ハーディングの半生を描く伝記映画。アメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、オリンピック代表選手として愛されながらも、フィギュア界から追放されてしまったトーニャ。演じるのは、『スーサイド・スクワッド』ハーレイ・クインとしてお馴染みのマーゴット・ロビー。彼女の夫には、マーベルの“ウィンターソルジャー(バッキー)”でもあるセバスチャン・スタン、さらに『gifted/ギフテッド』の天才子役マッケナ・グレイスも出演。マーゴットは“毒母”を演じたアリソン・ジャネイとともにアカデミー賞にノミネートされるかもしれない。



『デッドプール2』(仮題)6月公開
R指定映画の史上最高興行収入を叩き出した、あの“俺ちゃん”デッドプールが帰ってくる! マーベル史上最も過激で無責任、子どものようなギャグやヒーローらしからぬ下ネタが大好きで、観客にも気軽に話しかけてくるデッドプールを演じるのは、もちろんライアン・レイノルズ。最愛の人ヴァネッサ役のモリーナ・バッカリンらも続投し、親友ケーブル役にジョシュ・ブローリン、さらに役名はまだ不明だが、日本から忽那汐里が出演することも明らかに。撮影中のスタントマン死亡事故という悲嘆を乗り越え、デップーは映画界を盛り上げてくれるはず。



『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』6月29日(金)公開
ハリソン・フォードが演じた「スター・ウォーズ」屈指の人気キャラの若き日を描くアナザー・ストーリー。相棒チューバッカとの出会いも初めて明らかにされるという。ルークやレイアと出会う前の2人が繰り広げるのは、果たしてどんな冒険か、いまからもワクワク! 若きハン・ソロ役を演じるのは、『ブルージャスミン』『ヘイル・シーザー!』に出演したオールデン・エアエンライク。さらに「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラーク、ラッパー「チャイルディッシュ・ガンビーノ」としても活動するドナルド・グローヴァーにも大いに注目。交代した監督にはロン・ハワード、だから期待していて大丈夫!?



『ジュラシック・ワールド/炎の王国』7月13日(金)公開
『ジュラシック・パーク』公開25周年を迎える2018年。日本でも2015年度公開作品の年間興行収入No.1(95億円)の大ヒットとなった『ジュラシック・ワールド』の続編が夏休みに登場。今度は恐竜たちの島が、火山の大噴火に見舞われるらしい。前作では、クリス・プラットが両手を広げてあの凶暴なヴェロキラプトルを制止するシーンが話題を呼んだが、今回もヴェロキラプトルの“ブルー”たちが登場。クレア役のブライス・ダラス・ハワードが続投するほか、ファンにうれしいのがジェフ・ゴールドブラム演じるマルコム博士のカムバック。さらに、ハリウッド実写版『ポケモン』主演に抜擢されたジャスティス・スミス(「ゲットダウン」)も活躍が多そうなので、期待しておきたい。




『Ocean’s 8』(原題)(全米6月8日公開)
『オーシャンズ』シリーズでジョージ・クルーニーが演じた主人公ダニー・オーシャンには妹がいた! 今度は彼女が女性だけの“犯罪チーム”を結成してスクリーンに帰ってくる。その妹デビー・オーシャンを演じるのはサンドラ・ブロック。さらにケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、リアーナ、サラ・ポールソン、ミンディ・カリング、そして韓国系アメリカ人ラッパーのオークワフィナ(ノラ・ラム)の8人が、セレブが集いニューヨークが大いに沸く「メットガラ」で何かをやらかすらしい。本国で解禁されている予告編には、この豪華すぎる顔ぶれの“活躍”とともに、「メットガラ」主催者アナ・ウィンターの姿もちらっと…。これは楽しみ!




【秋以降〜】
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』冬公開
先日、クイニー役アリソン・スドルのキュートなカチンコにより撮影終了が伝えられたばかり、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編。彼女をはじめ、魔法動物学者の魔法使いニュート・スキャマンダー役のエディ・レッドメイン、ティナ役キャサリン・ウォーターストンらが続投。誰もが気になっていた若き日のダンブルドアを演じるのはジュード・ロウ、ジョニー・デップ演じる宿敵グリンデルバルドと対決するのか!? ニュートの兄、戦争の英雄といわれる闇祓いのテセウス・スキャマンダー役カラム・ターナーのイケメンぶり、リタ・レストレンジ役ゾーイ・クラヴィッツとの関係も気になる!



『アクアマン』(全米12月21日公開)
『ジャスティス・リーグ』に本格登場したアクアマン/アーサー・カリーの単独映画。演じるは、年末恒例の「世界で最もハンサムな顔2017」で第2位の大躍進となったジェイソン・モモア。その屈強なボディとワイルドなルックスとは裏腹に、茶目っ気たっぷり、繊細なハートの持ち主のアクアマンは愛を込めて“モモアマン”と呼ばれたりも。なんと、アクアマンの母親で海底王国アトランティスの女王を演じるのはオスカー女優ニコール・キッドマン。妻となるメラにはアンバー・ハード。『ソウ』『死霊館』などのジェームズ・ワン監督が、『ワイルド・スピード SKY MISSION』以来、ホラー以外の作品を手がけることにも注目。日本公開はもしかしたら2019年かも…。


これらのほかにも、話題の映画、気になる俳優はたくさん。それぞれ続報や新情報を期待しながら待っていて。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

2018年をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ