『OVER DRIVE』新田真剣佑×北村匠海が仲良し!ほっぺを“ぷにゅぷにゅ”、テレビ電話で「だって顔みたい!」

4月17日(火)20時43分 映画ランドNEWS

映画『OVER DRIVE-オーバードライブ-』スペシャルステージ&完成披露舞台挨拶が17日、都内・六本木ヒルズアリーナとTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、キャストの東出昌大新田真剣佑森川葵北村匠海、町田啓太、要潤(舞台挨拶のみ)、監督の羽住英一郎が登壇した。


OVER DRIVE



かねてより親交の深い新田と北村。現場で、新田扮する檜山直純のライバル・新海彰を演じた北村の巨大な顔写真を見つけ、その頬を“ぷにゅぷにゅ”して楽しんでいたという新田は「匠海のほっぺを“ぷにゅぷにゅ”してました。かっこいいのコレ!すごいかっこいいんだ!」と惚れ惚れ。対して北村は、「俺がいないとこですなよ!」と照れ笑いを浮かべていた。


OVER DRIVE


東出は、そんな2人とゲームセンターに遊びに行ったようで「レーシングゲームを本気でやるんですが、どっちかが負けると『もう1回!もう1回!』って(笑)すごい熱中してた」と暴露。


OVER DRIVE


さらに、「2人のどちらかが現場にいない時は、だいたい『匠海ちゃん?』って、ずっと電話してました!」(森川)、「ずっと2人で喋ってて、なんか距離近いなぁって(笑)」(町田)と続々とエピソードが飛び出す。北村は「バレましたか(笑)」と笑みをこぼし、「電話をマッケンがかけてくる。決まってテレビ電話なんです!」と告白。新田が「だって顔みたいじゃないですか」とこぼすと、会場からは悲鳴のような黄色い歓声が上がっていた。



OVER DRIVE




公道をアクセル全開で駆け抜ける最も過酷な自動車競技「ラリー」。各メーカーの先端技術の結晶である車輛、モンスターカーを操るドライバー、その舞台を支えるメカニック、彼らの奔走を描くヒューマンエンターテインメント。


主人公・檜山篤洋役に東出昌大。スピカレーシングを支えるチーフメカニックという、作り手側に立ち、誇りと愛との間で揺れ動く繊細な芝居に挑む。その弟であり、天才ドライバー・檜山直純役に新田真剣佑。ヒロインの遠藤ひかるを森川葵が演じ、北村匠海、町田啓太、吉田鋼太郎らが共演する。監督を「海猿」「MOZU」「暗殺教室」各シリーズを手がけた羽住英一郎が務める。


映画『OVER DRIVE-オーバードライブ-』は6月1日(金)より全国東宝系にて公開


(C)映画「OVER DRIVE」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「新田真剣佑」をもっと詳しく

「新田真剣佑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ