江戸川乱歩「少年探偵団」原案の完全オリジナルアニメ『TRICKSTER』が10月から放送

6月1日(水)13時7分 BIGLOBEニュース編集部

江戸川乱歩「少年探偵団」原案の完全オリジナルアニメ『TRICKSTER』が10月から放送(c)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

写真を拡大

江戸川乱歩の小説『少年探偵団』を原案にした完全オリジナルアニメ『TRICKSTER — 江戸川乱歩「少年探偵団」より —』が、2016年10月からTOKYO MXや読売テレビなどで放送を開始する。


『TRICKSTER — 江戸川乱歩「少年探偵団」より —』は、江戸川乱歩の小説「少年探偵団」を原案に、時代設定を近未来に移したオリジナルアニメ。「謎のもや」により“死ねない身体”となってしまった「小林少年」や、相棒となる少年探偵団リーダー代理「花崎少年」など、登場人物を大胆にアレンジする。東京オリンピック後の203X年・東京を舞台に、小林と花崎の出会いはやがて、世紀の犯罪者である怪人二十面相と謎の探偵、明智小五郎の因縁と絡み合い、彼らの運命を動かしていく。


キャストは小林役を山下大輝、花崎役を逢坂良太が務める。キャラクターデザインは、「ローゼンメイデン」、「しゅごキャラ!」などを手がけたPEACH-PITが、制作はトムス・エンタテインメントとシンエイ動画が担当する。


今回の作品情報の公開にあわせ、渋谷の街を背景にしたPEACH-PIT描き下ろしティザービジュアル及びPV第1弾を公開された。また、6月20日発売のマガジンSPECIAL No.7から、マントヒヒ・ビンタによるコミカライズが開始されるほか、舞台化や実写映画化も決定している。


<山下大輝コメント>
何か人よりも重いものをかかえた小林少年。一見、大人びた考えをしていそうに見えるけど、実は年相応のかわいらしい部分や、甘えたい気持ちを持っているのではと思います。もしかしたら、実年齢よりも幼いのかもしれないです。色々な小林を魅力的に演じられたらと思います。


<逢坂良太コメント>
花崎は基本的には楽観的なキャラクターではあるので、普段の芝居は楽しめると思うのですが、もしかすると何かをもっているキャラクターなのかもしれないので、そこを気にしつつ演じていこうと思います。何もなかったらなかったでいいキャラクターになるのではないかと思います!


<キャラクターデザイン PEACH-PITコメント>
企画の段階から関わらせて頂き、全員が納得が行くまで改訂を重ねて生まれたキャラクター達です。監督はじめスタッフ皆さんの熱意に触れ、自分達の描いたキャラの造形にヤマダさんの繊細な描線でさらに息を吹き込んで頂き、色鮮やかに動き出すという機会はとても貴重で有難く、多くの事を学ばせて頂きました。作中の彼らも、行動し、時に悩み、成長していくのかと思うと、楽しみで仕方ありません。どんな冒険活劇が見られるのか、わくわくして待っています!


◆ストーリー
彼は死ぬために、探偵の道を選ぶ……
時は2030年代。謎の探偵、明智小五郎のもとに集う「少年探偵団」。彼らは大小さまざまな事件を持ち前の行動力で解決に導いてきた。
ある日、メンバーの花崎健介は謎の少年、小林芳雄と出会う。「正体不明のもや」により“死ねない”身体となってしまった小林は、自身の死を望み、他人との接触を拒んでいた。そんな彼の存在に興味を抱いた花崎は「「少年探偵団」へ入らないか」と持ちかける。
小林と花崎。彼らの出会いはやがて、世紀の犯罪者である怪人二十面相と明智小五郎の因縁と絡み合い、二人の運命を動かしていく・・・


◆スタッフ
監督:向井雅浩「超次元ゲイム ネプテューヌTHE ANIMATION」
脚本・シリーズ構成:吉田恵里香「TIGER & BUNNY」「ヒロイン失格」「脳漿炸裂ガール」
キャラクターデザイン:PEACH-PIT「ローゼンメイデン」「しゅごキャラ!」
アニメーションキャラクターデザイン:ヤマダシンヤ「四月は君の嘘」(作画監督)
音楽:林ゆうき「ハイキュー!!」「僕のヒーローアカデミア」
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント、シンエイ動画


◆キャスト
小林芳雄:山下大輝
花崎健介:逢坂良太


◆放送予定
2016年10月よりTOKYO MX、読売テレビ、BS11にて放送開始


TRICKSTER — 江戸川乱歩「少年探偵団」より —


小林

TRICKSTER — 江戸川乱歩「少年探偵団」より —


花崎

TRICKSTER — 江戸川乱歩「少年探偵団」より —


(c)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「江戸川乱歩」をもっと詳しく

「江戸川乱歩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ