ヒョンビン&ソン・イェジン、凶悪犯と交渉人のキャラ映像公開『ザ・ネゴシエーション』

8月7日(水)19時0分 シネマカフェ

『ザ・ネゴシエーション』(c)2018 CJ ENM CORPORATION, JK FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

写真を拡大

ヒョンビンが初の悪役に挑戦した映画『ザ・ネゴシエーション』から、本作で初共演を果たしたヒョンビンとソン・イェジンのメッセージ入りキャラクター映像が公開された。



今回到着した映像では、ヒョンビンが「本時間内にミン・テグの犯行を止めるための交渉を描いた犯罪エンターテイメントです」と本作を紹介し、ソン・イェジンも「ぜひ劇場でご覧を」と笑顔でメッセージを寄せスタート。

そして続けて、2人が演じた凶悪犯ミン・テグと、彼から突然交渉相手に指名されるソウル市警危機交渉班の警部補ハ・チェユンにフォーカスしたシーンを収録。


交渉人ハ・チェユンが、交渉相手である人質犯ミン・テグの正体を粘り強く探り、1対1の交渉を続ける緊迫のシーンの一方、ミン・テグの「1時間以内に来なければ全員殺す」と鬼気迫る表情で銃を片手に脅す場面が登場している。


また、本作は特殊な撮影を行ったそう。イ・ジョンソク監督は「交渉人と人質犯が対立し、映画を引っ張っていく物語であるため、二人の演技が実際の状況のようにリアリティのあるものでなければならなかった」と言い、「事件の状況を忠実に再現するため、ヒョンビンとソン・イェジンは実際にモニター越しに演技をして、互いの反応にも真実味が出るように演出した」と明かしている。


『ザ・ネゴシエーション』は8月30日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開。

シネマカフェ

「ヒョンビン」をもっと詳しく

「ヒョンビン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ