「家で緊張しすぎて泣いた」木村カエラの製作秘話に木村文乃&尾野真千子も驚き

8月19日(日)19時24分 シネマカフェ

『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』完成披露プレミア試写会イベント

写真を拡大

スタジオポノックによる短編アニメーション制作レーベル「ポノック短編劇場」の第一弾作品『ちいさな英雄—カニとタマゴと透明人間—』完成披露プレミア試写会イベントが8月19日(日)、品川ステラボールにて行われ、声優を務めた木村文乃、鈴木梨央、尾野真千子らが登壇した。

『ちいさな英雄—カニとタマゴと透明人間—』は『カニーニとカニーノ』、『サムライエッグ』、『透明人間』という、まったく異なる3編から成る奇跡のアニメーション。『カニーニとカニーノ』はカニの兄弟の大冒険ファンタジーを、『サムライエッグ』では実話を基に母と少年の愛の感動ドラマを、さらに『透明人間』では見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる。

「カニ語」アドリブに木村文乃も苦戦!
『カニーニとカニーノ』を監督した米林宏昌は、「台詞は全編カニ語です」と驚きの内容を明かした。前代未聞のカニ語に挑戦することになったという木村さんは「意外と、伝えたい気持ちがあったら言葉の形はいらないんだなって思いました。今回アドリブが結構多かったので、大人たちが真剣にカニ語を考えるっていうシュールな現場ではありましたね(笑)」と鈴木さんと微笑み合った。ついつい出てしまったアドリブについては、「うっかり“よいしょ”とか言っちゃって“木村さん、それは日本語です”と言われたり(笑)」と可愛らしいエピソードで笑いを誘った。

『サムライエッグ』では、尾野さんだけ絵がないところで声をあてる「プレスコ」というやり方で行われたという。歯に衣着せぬ小野さんは「とってもやりにくいです」ときっぱりと言い切り、苦労しただけに、「声優さんという仕事、すげえなって尊敬しました。超すげえなって思います!」とリスペクトを示した。メガホンを取った百瀬義行監督は、「プレスコは台詞をしゃべりながら自然に演技が出てくるので、見させてもらいながら絵におこすからリアリティが出るんです」と、小野さんの演技にヒントを得たと感謝の言葉で返していた。


木村カエラが緊張しすぎて泣いた理由とは…
イベントの終盤では、エンディングテーマ「ちいさな英雄」を手掛けた木村カエラも登場。楽曲秘話を聞かれると、「とにかく西村(義明)プロデューサーに聞いてもらうことが家で緊張しすぎて泣いたんです…(笑)。こんなに緊張するのは初めてで。歌い終わってミックスした後、いいなと思ったんですけど、余計緊張が増えてきて、家で段々涙ぐんでしまった」と吐露。しかしその後、圧巻のライブパフォーマンスを披露し、観客から大きな拍手が贈られていた。

そのほか、イベントには篠原湊大、坂口健太郎田中泯、山下明彦監督も出席した。

『ちいさな英雄—カニとタマゴと透明人間—』は8月24日(金)より全国ロードショー。

シネマカフェ

「木村文乃」をもっと詳しく

「木村文乃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ