津田健次郎、謎多き悪役の魅力と役作りを語る「しゃべり方と音質を意識」『二ノ国』

8月26日(月)12時0分 シネマカフェ

『二ノ国』(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

写真を拡大

ついに公開を迎えたアニメーション映画『二ノ国』。本作には、豪華声優&若手俳優たちが声をあてる魅力的なキャラクターたちがたくさん登場するが、中でも注目したいのが、本作の悪役=ヴィラン、ガバラスだ。



映画化に至るまで、10年もの歳月をかけて構想された本作。現実の世界(一ノ国)から、命が繋がっているもう一人の自分が存在する“二ノ国”へと、偶然にも迷い込んでしまったユウとハルが、幼なじみのコトナと二ノ国の姫アーシャの命が繋がっていると知ってしまったとき、“命”を巡る究極の選択を迫られる…というストーリー。


物語には悪役の存在が不可欠だが、本作の悪役は、“二ノ国”の黒旗軍の最高指導者・ガバラス。ユウとハルが迷い込んでしまったエスタバニア王国の征服を企む者で、黒い甲冑と黒いコートで身を包み、鉄仮面で顔を隠す、威圧的でありながらどこかミステリアスで悲しみに包まれた存在だ。


今回、このガバラスの声を担当したのは、『スター・ウォーズ』のカイロ・レン、『ブラックパンサー』のキルモンガーの吹き替えなど、他作品でもヴィランを務めている声優・津田健次郎。


そんなガバラスの魅力について津田さんは「強さですね。悪の持つ強さと突き抜けている感じ。そしてミステリアスなところですね。いろいろな謎を持ったとても魅力的なキャラクターなのです」と明かす。

また、演じる上で「上手く全体をコントロールしていこうとする、そういう強さの中にもある種の柔らかさというか、煙のように体内に入っていくようなお芝居を心掛けました」と言い、「わるい悪の香りを感じさせるような、しゃべり方と音質を意識しましたね。あとは絶対的な威圧感が同居できたらいいなと思っていました」と、強さと柔らかさ、一見すると二律背反するような難しい表現を目指したという。


そしてこれまで様々な作品に出演している津田さんだが、どちらかというと主人公と敵対するヴィラン役が目立つ。「僕の王道パターンは、大抵主人公と最後は対立するのですが、最初に主人公と会った時は圧勝するんです。そしてメンタル面がメチャクチャ強い。逆にメンタルが強すぎる故に、途中で改心とか折れることをしないので、最後は滅びてゆくんです」と自己分析した。

謎多きガバラスだが、そんなガバラスの存在がユウやハルたちの物語にどんな影響を及ぼすのか、新たに誕生したヴィランに期待していて。

『二ノ国』は全国にて公開中。

シネマカフェ

「魅力」をもっと詳しく

「魅力」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ