シシド・カフカの歌声響く『リメンバー・ミー』日本版予告到着!

12月13日(水)4時0分 シネマカフェ

『リメンバー・ミー』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真を拡大

アニー賞最多13部門ノミネートのほか、数々の賞を立て続けに受賞しオスカー大本命の作品となっている、陽気でカラフルな“死者の国”を舞台にした大冒険を描く『リメンバー・ミー』。『アナと雪の女王』の最新作が同時上映されることでも話題となっている本作だが、この度、シシド・カフカが歌う日本版エンドソングが挿入された日本版予告編が公開された。



到着した予告編では、主人公のミゲルが“死者の国”に迷い込み、ガイコツのヘクターと出会うシーンが描かれる。日の出までに帰らないと、“永遠に家族に忘れられてしまう”という最大のピンチに陥ってしまったミゲル。「最後に一目だけでも家族に会いたい…」という切なる思いを持つヘクターと共に、2人は無事にそれぞれの“家族”に再会することはできるのか…?


本作で全ての謎を解く重要な鍵を握る楽曲「リメンバー・ミー」は、時を越えて家族をつなぐ奇跡の歌であり、主人公のミゲルが大好きな曲。そんな日本版エンドソング「リメンバー・ミー」を担当するのは、「シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ」。「東京スカパラダイスオーケストラ」の演奏に乗せて、シシドさんが力強く歌い上げるこの楽曲。予告編でもシシドさんの心に響く美しい歌声が披露されている。

「優しく見守り包み込む。また抱きしめるまで。リメンバー・ミー」という歌詞の通り、“たとえ離れていても、忘れない。家族はいつも繋がっている”というメッセージが込められている本楽曲。『トイ・ストーリー3』も手がけたリー・アンクリッチ監督は、「本当に素晴らしく、人の心を掴んで離さない歌なんだ。楽曲『リメンバー・ミー』が劇中でどのように展開されるのかを見てもらえれば、みんなが大好きになると思うよ」と自信たっぷりに語っている。

また主人公ミゲルの日本語吹き替えには、13歳にして歌とダンスの才能を開花させている石橋陽彩(いしばしひいろ)に決定。「『sing! sing! sing!』世紀の歌声!生バトル日本一の歌王決定戦」のジュニア部門でグランプリを獲得したほか、「カラオケ★バトル」U-18などの数々のテレビ番組に出演し、人々の心を感動させる“奇跡の歌声”と絶賛されている石橋さん。「ミゲル役に選んでいただきとても嬉しいです。僕もミゲルと同じように歌うことが大好きなので、大好きな曲『リメンバー・ミー』をたくさんの人に聞いてもらえるように頑張りたいです」と意気込みを語っている。

『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』は2018年3月16日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

シシド・カフカをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ