メールが消えた?Gmailのアーカイブ機能を知っておこう!

6月6日(水)13時30分 しむぐらし by BIGLOBE

パソコンやスマホで気軽に使える「Gmail」。

スマホでメール一覧を見ているとき、指でメールの件名をうっかり左右にスワイプして、メールが消えて焦ってしまった経験はありませんか?

そのとき、よく見ると消えた瞬間、画面下に「メールをアーカイブしました」というメッセージが下に表示されます。

 

どうやら、スワイプしたメールは「アーカイブ」された様子。アーカイブってよく聞くけど、どこに行ってしまったのでしょうか?

重要なメールが見られなくなると困りますよね。

 

「消えたメールはどこへ行っちゃったの?」「そもそもアーカイブってなに?」「どうやって元に戻すの?」……わかりやすく解説します!

※本記事ではiPhone7を使用しています。Androidや、iPhoneでも機種やバージョンによって操作方法や機能が異なる場合があります。

アーカイブってなに?

コンピュータの分野で使う「アーカイブ」とは、消したくないデータを保存するために、専用の保存領域に「安全にデータを保存すること」を意味しています。

 

Gmailにおいて、自動振り分けなどの設定を行っていない場合、受信トレイには受信したメールが表示され、そのまま蓄積されて長いリストになっていきます。

要らないメールはその都度削除してしまえばよいですが、読み終わったあともとりあえず保存しておきたいメールってありますよね。

また「必要なメールだけれど、受信トレイにメールがたまってゴチャゴチャするので既読のものは整理したい」という人も多いのではないのでしょうか。

 

そんなときに活用できるのが「アーカイブ機能」です。

受信メールからは非表示になりつつ、別の場所に保存され、読みたいときに元に戻すことができる便利な機能なんです。

 

Gmailでメールをアーカイブする方法

Gmailのメールをアーカイブするのはとってもカンタンです。

該当するメールを指で抑えて左右どちらかにスワイプする(横にすべらせる)だけ。

 

誤って受信トレイに残しておきたいメールをアーカイブしてしまったことにすぐ気づいた場合は、画面下に表示される「メールをアーカイブしました」の右横にある「元に戻す」をタップすれば元通りになります。

 

また、アーカイブしたメールでも、新しくその相手からメールが来た場合は、アーカイブは解除されて受信トレイに届くので、返信を見逃す心配もありません。

 

すでにアーカイブしたメールを確認するには

アーカイブ化しているメールを見たいときは、左上のメニューから「すべてのメール」を開きます。

受信トレイにあるメールやアーカイブしていないメールなど、すべてのメールが表示されるので、ここから見つけてください。

 

アーカイブしたメールを元に戻したいときは

アーカイブ化していたメールを受信トレイに戻したいときは、メール一覧から該当するメールをチェックして、右上の「・・・」ボタンをタップし、「受信トレイに移動」を選べば元に戻ります。

該当するメールを開いた状態で同じ操作をしてもOKです。

 

「受信トレイをキレイに整理整頓したい!」という人に便利なアーカイブ機能。

「削除した覚えがないのに、メールが見当たらない」というときも、うっかりスワイプしてアーカイブされている可能性があるので、そんなときは「すべてのメール」から確認してみてくださいね

格安SIMに乗り換えるならGmailを使おう!

格安SIMに乗り換えると、今までキャリアで使っていたメールアドレスが使えなくなります。

乗り換え前にGmailアドレスを取得しておきましょう!

 

 

この記事を書いた人:Kana.mM(かな)

この記事もオススメ



【Sponsored by BIGLOBE】

しむぐらし by BIGLOBE

「メール」をもっと詳しく

「メール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ