アロンソ出場へ前進。WEC富士開催日がF1とのバッティングを避け10月14日に再変更

2月10日(土)0時19分 AUTOSPORT web

 ACOフランス西部自動車クラブは2月9日、フランス・パリで行なわれたプレスカンファレンスで2018/19年のWEC世界耐久選手権開催スケジュールを発表したが、このなかで第4戦として行われる予定の富士6時間レースについて、開催日程を10月12〜14日とすることを明らかにした。

 

 2018年5月から2019年6月まで1年以上のロングシーズンとなる今季のWECでは当初、各年のル・マン24時間レースを含め全8戦が設定され、富士スピードウェイを舞台に開催される第3戦として10月14日に決勝レースが行われるとされていた。

 

 その後、このスケジュールは第3戦シルバーストン6時間のカレンダー入りや2019年3月に行われるセブリングラウンドのレースフォーマット変更といった複数回のカレンダー変更が行われるなかで、WEC富士とIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ最終戦ロード・アトランタ(プチ・ル・マン)とスケジュールがバッティングしていることを理由に第4戦に改められた富士戦は開催日を1週間先送りされる。

 

 そんななか先週、TOYOTA GAZOO Racingがフェルナンド・アロンソをレギュラードライバーとして起用すると発表。アロンソがF1アメリカGPとスケジュールが重なる富士戦に出場できないことから富士スピードウェイがACOに日程変更を求めているという報道がなされていた。

 

 今回の日程再変更によってF1とWECのバッティングは全ラウンドで回避されることとなり、アロンソがトヨタのドライバーとしてWEC富士に参戦することが可能となったが、ふたたびプチ・ル・マンとスケジュールが重なったことでIMSAシリーズとWECを掛け持ちしている多数のドライバーが影響を受けることとなる。


■2018/19年WEC世界耐久選手権 シーズンスケジュール(2月9日発表版)






















































ラウンド日程レース
02018年4月6〜7日プロローグ(ポール・リカール)
12018年5月5日スパ・フランコルシャン6時間
26月16〜17日ル・マン24時間
32018年8月19日シルバーストン6時間
42018年10月14日富士6時間
52018年11月18日上海6時間
62019年3月16〜17日セブリング1500マイル
75月4日スパ・フランコルシャン6時間
82019年6月15〜16日ル・マン24時間


AUTOSPORT web

「フランス」をもっと詳しく

「フランス」のニュース

BIGLOBE
トップへ