FIA F2の2018年型車両がシェイクダウン「F1マシンに近づいた」。福住仁嶺も参加

2月15日(木)11時17分 AUTOSPORT web

 FIA F2(旧GP2)は2月14日、フランスのマニクール・サーキットで2018年導入の新型マシンをシェイクダウンした。


 FIA F2は、この2018年シーズンから車両を一新。シャシーはダラーラ製でワイド&ローになったリヤウイングやドライバー保護システム“ハロ”の採用など、最新F1マシンのデザインが踏襲されている。エンジンについてはメカクローム製の3.4リッターV6シングルターボが搭載される。


 今回のテストは参加した10チームに各1台の新型マシンが供給される形で行われ、信頼性チェックとともにチームがマシンの扱い方を学ぶ場となった。


 また、今季からシリーズに参入するカーリン、チャロウズ・レーシング・システムにとってはFIA F2の公式セッション初参加の場となっている。

フランス・マニクールを走るFIA F2の2018年型マシン
フランス・マニクールを走るFIA F2の2018年型マシン


 フランス・マニクールで行われたテストは、コースに雪が残る厳しい寒さのなか行われたが、走行開始時間の現地午前9時から各チームとも積極的にコースイン。新型マシンの感触を確かめていった。


 セッションが進むにつれ路面コンディションは改善。ランチブレイクを挟んだ午後のセッションではスリックタイヤを投入するチームも出始めた。


 シェイクダウンで大きなトラブルはなく、新型マシンは、1日だけで全チーム合計で325周、1434kmのマイレージを稼ぎ、信頼性の高さを発揮した。


 ラップタイムについては伏せられているものの、カンポスから参加したルカ・ギオットが全体トップのタイムを記録したという。

フランス・マニクールを走るFIA F2の2018年型マシン
フランス・マニクールを走るFIA F2の2018年型マシン
2018年型FIA F2マシンにはドライバー保護システム“ハロ”が装着されている
2018年型FIA F2マシンにはドライバー保護システム“ハロ”が装着されている
テストに参加したマキシミリアン・ギュンター(アーデン)。福住仁嶺のチームメイトだ
テストに参加したマキシミリアン・ギュンター(アーデン)。福住仁嶺のチームメイトだ


■新型マシンは「F1にステップアップすれば、すぐに適応できる」仕上がり。テストには福住仁嶺も参加


 そのギオットは「新型マシンは先代から正統進化を遂げている。特にグリップレベルは素晴らしかったよ! マシンはあらゆる面で改善していた」と新型マシンの印象を明かした。


「前日に雪が降ったこともあり、今朝は理想的なコンディションではなかった。午前中は気温も低くて滑りやすい状況だったしね。ただ、時間が進むにつれ、急速に改善していった」


「こういった寒い日でもマシンはいい挙動を示していた。今日の進捗状況には満足しているよ」


「マシンの耐久性にも驚かされた。どのチームも1日中走り続けていたからね。(車両を手掛けた)ダラーラとメカクロームの人たちは今日の結果に満足しているはずだ」


「(新たに採用された)ターボエンジンについてもF1のものにフィーリングが近くなった。僕は去年、ウイリアムズF1のマシンをドライブしたけど、FIA F2の新型マシンはさらにF1マシンに似たものになっているよ」


「(2018年にFIA F2に参戦する)ドライバーの誰かがF1にステップアップを果たしても、すぐに適応できるだろう」

今回のテストには福住仁嶺(アーデン)も参加
今回のテストには福住仁嶺(アーデン)も参加
今回のテストには福住仁嶺(アーデン)も参加
今回のテストには福住仁嶺(アーデン)も参加


 今回のシェイクダウンにはアーデン・インターナショナルから参戦する福住仁嶺も参加しており、自身のTwitterで「ハロが付いても視界は良好でした! もっと走りたかった!」と走行を振り返っている。




AUTOSPORT web

「2018年」をもっと詳しく

「2018年」のニュース

BIGLOBE
トップへ