「Jリーグはまだまだ彼から学ぶことがある」…村井チェアマン、ジーコ氏の姿勢に感銘

2月15日(木)14時26分 サッカーキング

Jリーグの村井満チェアマン

写真を拡大

 2018Jリーグキックオフカンファレンスが15日に都内で開催され、Jリーグの村井満チェアマンが登壇した。

 村井チェアマンは冒頭の挨拶に続いて、昨年12月にブラジルで開催された元日本代表監督ジーコ氏のチャリティマッチを紹介。ジーコ氏はほぼ90分間ピッチに立ち、試合終了後には90分間かけてスタジアムを一周しながら、会場に集まった一人ひとりに対して丁寧にサインや写真撮影、握手に応じた。さらにその後、約1時間ほどメディア対応を行ったという。

 チャリティマッチを現地で視察した村井チェアマンは「ジーコ氏は非常に深く社会とつながっている。そして、ファン・サポーターに対する絆を感じた。Jリーグはまだまだ彼から学ぶことがある」と感想を述べた。

 開幕25周年を迎える今季、金曜日開催やDAZNのカメラ台数増設など新たな試みもすでに発表されている。村井チェアマンは2018年のJリーグを「深い絆を作っていく第一歩」と位置付け、「全ての総力を結集」していくことを誓った。

サッカーキング

「Jリーグ」をもっと詳しく

「Jリーグ」のニュース

BIGLOBE
トップへ