インテル、ビッグクラブ注目の若手DFシュクリニアルの移籍金を設定か

2月15日(木)13時8分 サッカーキング

ビッグクラブが注目しているインテルのDFミラン・シュクリニアル [写真]=Getty Images

写真を拡大

 インテルがスロヴァキア代表DFミラン・シュクリニアルの移籍金を設定したようだ。イタリア・メディア『tuttomercatoweb.com』が14日に報じた。

 現在23歳のシュクリニアルには、バルセロナ、アーセナル、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・Cといった多くのビッグクラブからの関心が寄せられていることが明るみに出ており、今夏の移籍市場での争奪戦が早くも予想されている。

 今冬の移籍市場でも6500万ユーロ(約86億円)のオファーが同選手に届いていたが、インテルは拒否した模様。同メディアによると今回、同クラブはシュクリニアルに7000万ユーロ(約93億円)の移籍金を設定したようだ。同金額を下回るオファーには応じない構えだが、7000万ユーロ以上を提示されれば、インテルは交渉の席に着くという。

 インテルは昨年の移籍市場で、800万ユーロ(約10億円)に加え、当時の市場価値が1500万ユーロ(約20億円)のイタリア人FWジャンルカ・カプラーリをトレード要員として譲渡。総額約2300万ユーロ(約30億円)でサンプドリアからシュクリニアルを獲得した。同選手の市場価値は1年経たずに大幅に上がっている。

サッカーキング

「リニア」をもっと詳しく

「リニア」のニュース

BIGLOBE
トップへ