今季のプレミアは過去最多11チームが残留争い?…必要な勝ち点は「38」か

2月15日(木)16時32分 サッカーキング

27節を終えた現在、勝ち点20でプレミアリーグ最下位のウェスト・ブロムウィッチ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 今シーズンのプレミアリーグは、史上最多の11チームが残留争いを強いられることとなりそうだ。14日、イギリスメディア『BBC』が“残留に必要とされる勝ち点”をもとに伝えている。

 プレミアリーグは、1995−96シーズンにチーム数を20に設定し、現在のレギュレーションに改正した。それ以降、残留には勝ち点40が必要と言われてきたが、実際にそのポイントを必要としたケースはわずか4回だけだという。最も直近の例では、2010−11シーズンにバーミンガムが勝ち点39で降格し、17位だったウォルヴァーハンプトンが勝ち点40で残留した。

 その一方で、残留に必要だった勝ち点が最も少なかったケースが2009−10シーズンの勝ち点31である。同シーズン、バーンリーは勝ち点30で2部へ降格した。反対に、残留するために最も多くの勝ち点を要したのが2002−2003シーズンで、ウェストハムは勝ち点42を獲得したものの降格してしまった。

 同メディアは、過去22シーズンを振り返り、残留に必要な勝ち点の平均は36.6であると述べている。

 そして、残り11節となった今シーズンについては、残留に必要な勝ち点が「38」だと予想。上位9チームの降格確率が1パーセント以下であるというデータを示した上で、現在10位のボーンマスから最下位のウェスト・ブロムウィッチまでが残留を争うことになると伝えている。最下位のウェスト・ブロムウィッチの降格確率は80パーセント、19位のストークは同60パーセント、18位のハダースフィールドは同48パーセントという数字を示した。

サッカーキング

「残留」をもっと詳しく

「残留」のニュース

BIGLOBE
トップへ